読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレクサンドル・ボルトにコフロシア連邦保安庁首脳の命令の通りロシアとベラルーシの間で境界線が作られる。

f:id:blogks5:20170218042305j:plain

スモレンスク州、プスコフ州、ブリャンスク州では注意される表示が作られるはずである。それ以外、境界線に入り込む時間と場所も決まる。

アレクサンドル・クラスコヴスキーというベラルーシの政治学者によるとそのような入り込むところを作ることは双方関係が緊張状態になったことを現れる。そして、実際の 境界が生じるのを誘発する可能性があるそうである。

ロシアとベラルーシの境界で臨検するところを作る理由はアレクサンドル・ルカシェンコベラルーシ大統領が80国の国民がビザなしでベラルーシに入られるための法令をサインしたことだそうである。

http://nsn.fm/hours/430191.php?sphrase_id=118478

 

オーストリアで逮捕されたテェテェン人が「犯罪行為をやっている人の間での争いに参加した難民」であった。

f:id:blogks5:20170207052823j:plain

ヴォルフガング・ソボトカ内務省大臣によると2月3日ヴィーンで逮捕されたテェテェン出身の22人の中から16人が難民の立場を得た。他の4人は自分の申し込みが検討されることを待っていて、二人を断れたそうである。

また、ソボトカによるとオーストリアの警察がその人たちは二つの犯罪行為をやっているグループの間での争いに参加した人たちであるという情報をもらったそうである。

「私たちの国で犯罪者が逃げ場を受け取らないようにやり尽くさなければならないと思う。私たちの歓待を悪用して、住民に対して危険を及ぼさせることは人に許してはいけない」と大臣が言った。

ヴィーンでテェテェンの22人の出身を逮捕されたことについて2月4日に知るようになった。APA (Austria Press Agency)によるとそこで住んでいる住民が 疑わしい人のグループについて警察に伝えて、そしてあちらに来た警察にテェテェンの出身が結婚式をお祝いするために集まったと言ったそうである。

https://meduza.io/news/2017/02/05/zaderzhannye-v-avstrii-chechentsy-okazalis-bezhentsami-uchastvovavshimi-v-kriminalnyh-razborkah

日本研究家:千島列島に関する会談のときプーチンと安倍の間で困らせることが生じる可能性がある。

f:id:blogks5:20170123021824j:plain

ロシア科学アカデミーの極東研究所の日本研究センターの首長ヴァレリー・キスタノフによると南千島列島で共同経済活動を行うための特別な地帯を作ることに対してロシアと日本の間での交渉に困らせることが生じた可能性がある。

日本にロシアリーダーの訪問のときプーチンと安倍がその領土で共同経済活動を行うと約束した。それはどの条件に基づいて行われるかについて簡明に表した考えを作ることを専門家に彼らは指示を与えた。

実はそのことに双方の立場が基本的に分かれている。ウラジーミル・プーチンの補佐官ユーリ・ウシャコフが日本にいたときそれはロシア法律に基づいて行わなければならないと言った。

もうプーチンとの会談のあと「共同経済活動を行うために特別なルールを作らなければならない」と安倍が何回も言っていた。

今そういう点はロシアと日本がぶつかった邪魔になった。9月にウラジオストクで次回の東経済フォーラムのとき安倍がロシアを訪問する。それは安倍が直接プーチンに約束したそうである。

2017年に安倍・晋三日本首相がロシアに二回ぐらい訪問するはずである。でも、その前菅・義偉日本政府総長によると安倍が近いうちにロシアへ行くつもりについて情報があったとしても、今までに訪問日付は決まっていないそうである。

https://www.gazeta.ru/politics/news/2017/01/12/n_9553967.shtml

 

 

ロシアと日本が一緒に千島列島を展開させることができるのかな。

f:id:blogks5:20170113233054j:plain

モスクワと東京は千島列島での共同経済活動が平和条約を締結することに至らせると主張している。それにはちょっと疑問があるけど、しかし、ウラジーミル・プーチンと安倍・晋三が自分の掛引課題を解決することができる。

サミットの前に2013年から安倍・晋三首相が招待していただいたのに、でもウラジーミル・プーチンが大統領として11年間の間で日本に訪問したことがなかったので、双方も会談によっての期待が少しでも弱くするようにした。

70年間以上続いている領土問題は一気に解決することは不可能だとサミットの前に安倍がジャーナリストに言った。同じようにユーリ・ウシャコフ大統領補佐官が言っていた。そして、ウラジーミル・プーチン自身も日本のマスコミにインタビューをしたとき平和条約を締結することに対しての問題について詳解的に話した。サミットのときその問題に対して進むことは期待しないほうがいいだそうである。

山ほどの覚書

結局、さすがに領土問題に対して真剣に進んだことがなかったし、プーチンも安倍も自分の発表でそのテーマに対してできる限り慎重に言うようにした。しかし、双方も領土問題が進まなかったとしても経済協力においては進みすぎていることによってそれを補償したことを見せるようにした。

訪問中で書類が68枚もサインした。その中から56枚書類は会社間での契約で、大半は相互理解についての覚書であるが、しかしそれはびっくりするはずがない。

ソチに5月の会談で安倍が八ほう向けの経済協力のプログラムを提供したので、具体的提案を作るためにビジネスマンと役人には半年ぐらいの時間があった。
もちろん、国家リーダーなしでも、双方の完璧なビジネス根拠を持っているプロゼクトはもうサインして、実現中である。それ以外のすべてのプロゼクトはそうと前から検討して、商業的意見の相違または冒険の高い理由でなかなか進んでいない、それとも近いうちに生じてきた新しいアイディアなので、しっかりした約定になるまでにまだ計算しないといけないである。

その背景にちょうど領土問題に関する約束がニュースになった。第一のは南千島列島の元出身が祖先のお墓を訪ねやすくする決定である。第二のはもっと重要であり、モスクワと東京は南千島列島で共同経済活動をし始めることになって、お人のリーダーがそれに対してのステートメントまでもうサインした。

共同経済活動は一緒で、主権は別々である。

南千島列島の共同経済開発についてのアイディアをロシアが多年提供していたが、しかし日本が伝統的に断っていた。

なぜかというと、正式的東京にとってはそれはモスクワが占領した「北方領土」なので、あちらで日本会社に投資をするご許可が領土問題に対してロシアの主権を間接に認めるわけになるからである。

要するに、その相違は以前の日本の態度に基づいている。最初領土問題を解決して、つまり、四つの島々が日本に還付して、平和条約を締結してから、経済協力に移る。
技術レベルでの質問は誰の法律が投資家の活動を調整するのか:日本の法律か、ロシアの法律か。将来の投資家はどの国の予算に支払うか。

安倍首相がそういう交渉態度を変わっていた。今ロシアと経済交流を作ることは古くなった問題を解決させると東京で考えている。南千島列島で共同経済活動を始めることにしたのはその態度の結果である。その問題の敏感さを考慮して、12月16日サインした5項目からなっているステートメントはとても慎重で、両義である。

リーダーは「南千島列島でロシアと日本の共同経済活動についての会談の始まりが平和条約を締結するための重要な一歩になるという相互理解に至らせた」。
最初の頃その経済活動は「漁業、栽培漁業、観光、治療とエコロジー」を触れる。そして、役員が具体的プロゼクトを選定したあとだけ具体的税法制度を検討し始めるつもりである。共同経済活動は島々の所属に対する原理上の立場から後退するわけではないとモスクワと東京が固定された。

もし専門家にもう経済協力の法の機構が検討されなかったらプーチンと安倍がそんな敏感のテーマにステートメントをサインするまいと思う。

ステートメントの中で今後の共同経済活動を調整する特別の国際条約を締結することについて言及している。そして、プーチン大統領も記者会見のとき「東京がプロゼクトを経営するために特別な構造を作ることを提供している」と言った。

南千島列島で日本投資者にとって具体的税法制度はユーリ・トルトネフ副首相が極東で作っている先んじている成長領土のためとの同じような税法制度になるだろうと思う。また、それはウラジオストク自由港法からのアイディアも含むはずである。

ビザなしでロシアに入るとか、多年にわたる税なしの期間とか、多くのお許可必要の手続きが簡単にするまたは廃止することなどは日本ビジネスマンにロシア役員との接することは最低限にならせる。

まとめば?


将来共同経済活動は領土問題を解決することに役に立つとお二人のリーダーが多く話していたが、でもそのテーマに対して具体的確認質問の答えにきちんと避けるようにした。

もちろん、共同漁業は島々に対しての主権とか、領土分割とか、アメリカが色丹島と歯舞群島で軍事基地を配置するなどという千島列島問題を解決できないぐらいするすべての問題と関係ないである。それにしても、もし共同経済活動条約を締結できたら、それは安倍にとっても、プーチンにとってもいいことになるはずである。

安倍にとっては主権問題に譲ることはなかったとしても、南千島列島で日本会社が働くだけで、もう少しでも勝ちになった。最後の世論によるとますますの日本人が東京が最初二つの島を受け取って、まだそれ以外何も要求しないようにという方向に変更しているそうである。

今の段階で千島列島によって日本人がもう経済利益を得ていると政府が説明できる。例えば、ビザなしで訪問できるとか。だから、四つの島々に対して形式的主権を得ることにあまり急がなくても、利益ははっきりしている。

エリートに対しては経済協力は少しでも島々に定着させる。それと同時に他の条約も含めて、ロシアが中国の依存から脱却することに手伝ってもらうというメッセージになるそうである。ウラジーミル・プーチンも何の冒険も持っていない。ロシアは主権をもっているし、日本の投資者は(税を持ってこなくても)付加の仕事場を作るし、中国の友達も極東での主要パートナー立場が日本人のほうに行こうとすることを見て元気づくことになる。
http://www.rbc.ru/newspaper/2016/12/19/5853ff579a79477105dd58e2

 

南千島列島での共同経済活動

f:id:blogks5:20170106043137j:plain

ロシアと日本:これほど進んだことは誰も期待しなかった。

日本との平和条約に対しても、島々の領土問題に対しても、それは進むと誰も期待しなかった。だから、南千島列島で共同経済活動を行うことになったのはある程度成功を得たと言える。

それはどれほど規模大きくなるかはその協力のやりかたを専門家が開発したあと見えるようになる。それはあまり単純なことにならないようである。ユーリ・ウシャコフ大統領補佐官によると共同経済活動はロシア法律によって行うはずである。それは東京に気に入らないことになる可能性がある。なぜかというと、島々の主権に関する日本の立場に反対になるからである。

島々のすべての共同経済活動はロシアの法律に基づいて行わなければならない。

それにしても、最低限でも南千島列島で共同経済活動を行うために四つの分野がある。それは水産業、観光、医療、エコロジーである。

その中で水産業を強調すると思う。そこでは魚の予備は一年に二十億ドルぐらいになると評価している。

それ以外、そこでは価値のある金属を採取することができる。それは銅、銀、黄金、水銀である。そして、レニウムという非常に価値の高い金属なら、「硫黄岳」という火山が 毎年20トンまで投げ出している。それに、世界中で毎年全部で60トンしか採取していない。レニウムなら、それは宇宙産業、航空儀産業、産業のハイテク分野で使っている。それ以外、石油産業展開についても忘れてはいけない。

その地方で専門家の評価によると三億トン以上炭化水素がある。そして、その自然が大変美しいので、観光もとても効果的、将来性のあることである。

ロシアは次の原則的な立場を取るべきである。それはすべての共同経済活動はロシア法律に基づいて作る必要である。残念なことに、90年代にサハリン島で石油の採取がProduction Sharing Agreement (つまり、採取した産額を分割する)という条約によって行っていた悲しい経験がある。その結果、大半の収入が外国のほうに移ってしまった。その経験が考慮に入れると期待している。

https://rg.ru/2016/12/18/kistanov-nikto-ne-ozhidal-takogo-proryva-v-otnosheniiah-rossii-i-iaponii.html

欧州連合はジョージアとウクライナに対してビザの手続きを廃止した。

f:id:blogks5:20170105213131j:plain

欧州連合はウクライナにとってビザの手続きを廃止するようである。しかし、ビザなしの状況は次の場合に停止することができる:

1。欧州にいる非合法の人数が非常に増えていた場合;

2。逃げ場申請の数がすごく増えていた場合;

3。欧州が逃げ場を与えることに断った人を国がまたもとのところに戻らせなかった場合。

その法律に対して一番強い不満を現した国はオランダである。

http://www.wsj.com/articles/eu-paves-way-for-visa-free-deals-with-ukraine-georgia-1481209495

 

プーチン、安倍、千島列島:50年間以上続いている行き詰まりから脱却させる方法を探求する。

f:id:blogks5:20170103033947j:plain

今ウラジーミル・プーチン大統領が日本に訪問しているときにロシアと日本の間で起きていることは50年以上前土台が置き始まって、古くなった世界から双方も出てみようとすることである。ロシアと日本が世界の境界の反面に陥ってしまった。課題は非常に多くて、面白くなっているので、すぐ効果的進むことはありえないである。まだ、数ヶ月前安倍・晋三首相とプーチンが始めた話し合いの続き自体の事実が一番重要な進みになっていた。


誰が領土問題を持っていないでしょうか。

ロシアでも、日本でも緊張している多くの期待の背景に会談の初めの日のニュースは予想通りに曖昧に見えた。

双方は意見を交わした。しかも、シリアとウクライナに対しての意見が「ほとんど一致した」。そして、アメリカが太平洋地方に存在していることについて話し合った。ストップした軍隊の間での交流を復興することが認められた。それは「2+2」という形で会うこと、つまり、それに外相、防相が参加して、そして参謀本部長の相互作用のことである。

次は領土問題:双方は専門家に千島列島の全部の島々で共同経済活動の準備のため会談をし始めることを任せた。その中で漁業、観光、文化、治療などである。

金曜日に今までにもう活性化した経済協力が拡大されることについて新しいニュースが生じてくると予想することができてみる。それは最近のウラジオストクでの2012年ロシアAPECで起きていたことを見たらわかる通り、あちらで日本の会社が中国の同僚を圧倒しようとしていた。

それは今起きている普通の外交的年代記としてとても良くて、面白いニュースになるはずだけども、実際は普通のことにならない。プーチンと安倍は真剣に時代を代わってみる。それは双方の交流を代わることではなくて、世界中的規模でやろうと思っている。それも時代は急激に代わっているからである。

年々、10年代こちらと日本の公衆に偽物を入れたがったものがたくさんいた:1945年からロシアと日本の間で領土問題が残っていて、それは双方交流展開を抑止している。それは解決したら、すべてはよくなる。

現代の世界で潜在の形で、それとも公開の形で領土問題が日本と中国の間で、二つの韓国と日本とか、中国とインドとか、インドとパキスタンなどである。全部で世界中で領土問題が数十個ぐらいあるけど、でも貿易などパートナー交流に必ずしも邪魔している。

 

時代の代わりが長期から続いている。

もし1956〜1960年の間で起きた出来事がなかったら、モスクワと東京の間で領土問題があるわけがなかった。1956年の日ソ共同宣言は領土分割と平和条約締結をするつもりであった。

でも、1960年に日本が単に日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力および安全保障条約を締結しただけではなく、そのために東京は1956年の日ソ共同宣言を断る必要であるとアメリカがはっきりと要求された。そういうことでソ連との領土問題を持てるようになった。そうでないと、アメリカが日本に占領したもっと大きい領土を返却しないと通告した。

アメリカの要求通り日本がやった。つまり、モスクワ宣言を断って、自分に領土問題を作った。今50年以上前作った世界からどういうふうに脱却することができるかとそれをロシアと一緒に解決しようとする。

ここで1956年は1960年より何によって違うのかについてわかる必要である。1956年に世界ははっきり反対している二つの「キャンプ」に分かれていなかった。それに中立してみる広大な「第三世界」が加わった。新しい衝突プロセスの作り方は徐々に進んでいて、そして、ブレジネフとニクソンのときモスクワとワシントンDCの間で1970年にやっと「ゲーム規則かた」を作ったことで終わらせていた。

そのうち、中国はソ連の同盟国ほどの役割から特別の第三者の役割に、つまり、モスクワに対して敵意のある力までに移っていた。

日本の場合は、アメリカとの同盟はあるときアメリカの軍隊保護によって世界中で二番目の経済の役割を与えた。でも、そのあと、つまり今それは次位国の不利益の状態に置いてしまって、そして北京にしろ、モスクワにしろ複雑な関係を持っている。しかも、モスクワと北京は自分の交流を再起動して、また同盟者ほどになってきた。

だから、日露接近の主導権はモスクワより東京から発してきたにはびっくりすることがない。それに、そのプロセスはアメリカの状態で外交政策を含めて、何かが起きていることをわかったまで始まった。今年の11月にドナルド・トランプが勝ちたまでプーチンと安倍がもう数回ぐらい会ったことがある。

ここで言わなければならないことは今回ウラジーミル・プーチンの日本訪問のとき一番重要な出来事はもう出かけようというアメリカ政権からの圧力に反し、前もって読売新聞と日本テレビ放送網にプーチンが大インタビューをした。その中で今の状態について話された。

それは日本のジャーナリストが「夢という厳しい犬」と紹介したこそインタビューである。そのとき、日本風で何回も同じ質問を出して、それにいろんな真剣な答えを受け取った。

その内容を短く言えば、訪問のときの会談は領土問題だけでなくて、ロシアがどれぐらいまで日本が独立になることができるかについて理解したいと思う。例えば、モスクワに反し西欧の制裁に日本の参加、それはどうだ?

インタビュー中、また中国の例として、40年間中国との領土問題について会談が行っていたことを思い出させた。そのプロセスで、中国は敵意ほどになった状態から同盟者ほどになって、そして領土問題の以前の意義がもうなくなったことは明らかになった。

日本との同じ話し合いは何年間、何十年間かかるのか。それは世界で何が起きていることによる。でも、世界の中で変化し始めたことは私たちの両国がどれぐらいもう古くなった過去のことから離れて新しい状態のほうに移るかにもよる。

https://ria.ru/analytics/20161215/1483720363.html