プーチン、安倍、千島列島:50年間以上続いている行き詰まりから脱却させる方法を探求する。

f:id:blogks5:20170103033947j:plain

今ウラジーミル・プーチン大統領が日本に訪問しているときにロシアと日本の間で起きていることは50年以上前土台が置き始まって、古くなった世界から双方も出てみようとすることである。ロシアと日本が世界の境界の反面に陥ってしまった。課題は非常に多くて、面白くなっているので、すぐ効果的進むことはありえないである。まだ、数ヶ月前安倍・晋三首相とプーチンが始めた話し合いの続き自体の事実が一番重要な進みになっていた。


誰が領土問題を持っていないでしょうか。

ロシアでも、日本でも緊張している多くの期待の背景に会談の初めの日のニュースは予想通りに曖昧に見えた。

双方は意見を交わした。しかも、シリアとウクライナに対しての意見が「ほとんど一致した」。そして、アメリカが太平洋地方に存在していることについて話し合った。ストップした軍隊の間での交流を復興することが認められた。それは「2+2」という形で会うこと、つまり、それに外相、防相が参加して、そして参謀本部長の相互作用のことである。

次は領土問題:双方は専門家に千島列島の全部の島々で共同経済活動の準備のため会談をし始めることを任せた。その中で漁業、観光、文化、治療などである。

金曜日に今までにもう活性化した経済協力が拡大されることについて新しいニュースが生じてくると予想することができてみる。それは最近のウラジオストクでの2012年ロシアAPECで起きていたことを見たらわかる通り、あちらで日本の会社が中国の同僚を圧倒しようとしていた。

それは今起きている普通の外交的年代記としてとても良くて、面白いニュースになるはずだけども、実際は普通のことにならない。プーチンと安倍は真剣に時代を代わってみる。それは双方の交流を代わることではなくて、世界中的規模でやろうと思っている。それも時代は急激に代わっているからである。

年々、10年代こちらと日本の公衆に偽物を入れたがったものがたくさんいた:1945年からロシアと日本の間で領土問題が残っていて、それは双方交流展開を抑止している。それは解決したら、すべてはよくなる。

現代の世界で潜在の形で、それとも公開の形で領土問題が日本と中国の間で、二つの韓国と日本とか、中国とインドとか、インドとパキスタンなどである。全部で世界中で領土問題が数十個ぐらいあるけど、でも貿易などパートナー交流に必ずしも邪魔している。

 

時代の代わりが長期から続いている。

もし1956〜1960年の間で起きた出来事がなかったら、モスクワと東京の間で領土問題があるわけがなかった。1956年の日ソ共同宣言は領土分割と平和条約締結をするつもりであった。

でも、1960年に日本が単に日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力および安全保障条約を締結しただけではなく、そのために東京は1956年の日ソ共同宣言を断る必要であるとアメリカがはっきりと要求された。そういうことでソ連との領土問題を持てるようになった。そうでないと、アメリカが日本に占領したもっと大きい領土を返却しないと通告した。

アメリカの要求通り日本がやった。つまり、モスクワ宣言を断って、自分に領土問題を作った。今50年以上前作った世界からどういうふうに脱却することができるかとそれをロシアと一緒に解決しようとする。

ここで1956年は1960年より何によって違うのかについてわかる必要である。1956年に世界ははっきり反対している二つの「キャンプ」に分かれていなかった。それに中立してみる広大な「第三世界」が加わった。新しい衝突プロセスの作り方は徐々に進んでいて、そして、ブレジネフとニクソンのときモスクワとワシントンDCの間で1970年にやっと「ゲーム規則かた」を作ったことで終わらせていた。

そのうち、中国はソ連の同盟国ほどの役割から特別の第三者の役割に、つまり、モスクワに対して敵意のある力までに移っていた。

日本の場合は、アメリカとの同盟はあるときアメリカの軍隊保護によって世界中で二番目の経済の役割を与えた。でも、そのあと、つまり今それは次位国の不利益の状態に置いてしまって、そして北京にしろ、モスクワにしろ複雑な関係を持っている。しかも、モスクワと北京は自分の交流を再起動して、また同盟者ほどになってきた。

だから、日露接近の主導権はモスクワより東京から発してきたにはびっくりすることがない。それに、そのプロセスはアメリカの状態で外交政策を含めて、何かが起きていることをわかったまで始まった。今年の11月にドナルド・トランプが勝ちたまでプーチンと安倍がもう数回ぐらい会ったことがある。

ここで言わなければならないことは今回ウラジーミル・プーチンの日本訪問のとき一番重要な出来事はもう出かけようというアメリカ政権からの圧力に反し、前もって読売新聞と日本テレビ放送網にプーチンが大インタビューをした。その中で今の状態について話された。

それは日本のジャーナリストが「夢という厳しい犬」と紹介したこそインタビューである。そのとき、日本風で何回も同じ質問を出して、それにいろんな真剣な答えを受け取った。

その内容を短く言えば、訪問のときの会談は領土問題だけでなくて、ロシアがどれぐらいまで日本が独立になることができるかについて理解したいと思う。例えば、モスクワに反し西欧の制裁に日本の参加、それはどうだ?

インタビュー中、また中国の例として、40年間中国との領土問題について会談が行っていたことを思い出させた。そのプロセスで、中国は敵意ほどになった状態から同盟者ほどになって、そして領土問題の以前の意義がもうなくなったことは明らかになった。

日本との同じ話し合いは何年間、何十年間かかるのか。それは世界で何が起きていることによる。でも、世界の中で変化し始めたことは私たちの両国がどれぐらいもう古くなった過去のことから離れて新しい状態のほうに移るかにもよる。

https://ria.ru/analytics/20161215/1483720363.html

ドイツでは移民を住みつかれる割当量は増えている。

f:id:blogks5:20170101014841j:plain

守護を得るためにドイツに入ってきた難民の大半がドイツに残ることができる権利をもらった。7月から9月まで BAMFという人間移動に対して活動している連邦機関が四人の中から三人に難民という立場を与えられたと南ドイツ新聞が報道した。

それゆえに、今年の3半期目に難民の地位を与える割前は今までに一番最大限になってきた。書類に基づく難民の地位はシリアとエリトリアからほとんどの移民が受け取っていた。

それから、政権からモロッコ人とアルジェリア人中で各11人が、彼らに祖国で危険性を脅かしているという正式的書類を受け取った。外国人登録データによるとドイツで全部で9月の終わりに不確定地位を持っている移民が七十八万八千人になっていた。その中から五万四千人が一度も逃げ場を得るために申請書を出さなかった。

逃げ場を得るために申請書を出さないでドイツに移民はだいたい8月間滞在することができるそうである。出した場合はそのあともう半年ぐらい政権の決定を待たないといけない。2014〜2015年に難民地位を出すことに断った十三万五千移民の中から9月の終わりに5万人がドイツに残り続いていると南ドイツ新聞が加えた。

日本でのプーチンの訪問成功を固定する必要であると専門家が考える。

f:id:blogks5:20161230024131j:plain

モスクワ、12月19日、RIAノーボスチ。アレクサンドル・パノフロシア元副外相、モスクワ国際関係大学の外交部の主任教授によるとロシア大統領の日本に訪問してからの得た約束は、特に千島列島での共同経済活動が平和条約交渉を行うためにもっと恵まれた雰囲気を作らせるそうである。

「もちろん、ロシアにとってはそれは大成功で、進んだことになったので、それを固定して、活発的に実現しなけばならない。生じてきた可能性の窓は永遠ではないので、そのロシアと日本の関係はいつまで続いているか、安倍が自分の地位を退かったらどうなるか、日本で政権が代わったときもとのところに戻ろないようにどうすればいいかについて考えなけれならない」とパノフが報道した。

ロシア元副外相が日露交流を曇らせる、南千島列島、つまり、択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島に対して東京の要求のせいで、第二次世界大戦の結果に、平和条約のないことに関する一番大切な問題を触れた。「誰も平和条約を締結すると予想しなかった。マスコミで期待したことは現代の日露交流のレベルに全く当たらなかった」とパノフが考えている。

「1〜2回訪問によって領土問題解決は無理で、何か他の道筋を歩かなければならなかった。そして、やっと日本が四つの島々で共同経済と人道的活動を行うことに賛成になったので、その道筋が見つけられた。つまり、それによって平和条約交渉にとってもっと恵まれた雰囲気を作らせることになる。」

その問題はもう90年代のとき進んだことがある。そのときロシアと日本が千島列島のあたりに安全漁業について約束して、それによって日本漁業者に海境を違反される問題を解決することに援助したと彼が思い出された。今からそれを海から陸地へ至らせることについて話し合っているそうである。

「日本人はロシア法律に基づいて島々で活動することに対して反対である。だから、プーチンと安倍の会談のときそのことは中心であった。」とモスクワ国際関係大学の外交部の主任教授が強調した。

RIAノーボスチで日露交流のテーマについてのビデオ連絡のとき専門家が話したのは北鮮から脅し、そして中国と競争がある状態で一番優しくて、便利なパートナーとしてロシアだけがなることができる。なぜかというと、その場合、ロシアのパートナーは極東で東京の利益に反して動いていない。「接した点には不同なことがあるけど、でも真剣な結果が得たし、そして正式的レベルで双方もそれを肯定的に受けられていた。もちろん、ロシアでも、日本でも不満を抱いている人がいるけど、でも訪問は成功になったと思う。一応、今の条件でそれは得ることができる最大限の結果だ」とパノフがまとめた。

 

冒険と決意

アンドレイ・コルツノフロシア国際交流会議社長によるとプーチンと安倍の会談を評価した大半の日本人は否定的を受けて、そしてそれは今日本政府を支えているレベルに反映したそうである。

「それは日本首相が政治的勇敢を現したことの確認になった。首相はそれを予知したと思うが、それにしても国内でそれはあまり点を与えなくても政治的冒険に行った。それは日露交流の長期の前途のイメージ、ある戦略的線を目的とすることについて言う」とコルツノフが報道した。

彼によるとその会談の結果に一番大切なのは次の一歩として実際に活動に移行することである。どれほど今の政治的背景を使って、具体的約束性に至らせようとするかだそうである。

「なぜかというと、残念なことに、訪問のあと、特にそのような訪問のあとに、官僚機関の注意中心はまたどこかへ移動してしまって、そのような訪問によって得られた可能性が完全に実現しなかった状態で残っていることがあるので、それはどうしてもなりたくないように」と専門家が結論した。

共同通信社によると54以上パーセントの日本人が15〜16日ロシアと日本のリーダーの会談を否定的評価されたそうである。

ロシア大統領訪問中80枚くらいの書類がサインされた。その中で双方経済協力、ビザ手続きが簡単にする、千島列島の四つの島々で共同経済活動の可能性を検討するという内容である。

https://ria.ru/politics/20161219/1483954184.html

プーチンが本当の意味でメルケルを好きじゃないである。

f:id:blogks5:20161225064251j:plain

プーチンが本当の意味でメルケルを好きじゃないである。彼が失敗したたくさんのことに対して、それは彼女のせいでだと思っている。それは特にゲアハルド・シュレーダー首相との関係がとてもいい関係になったことを酌量して、例えば、彼らは一緒にヴァニャ(ロシアの蒸し風呂)に行ったし、お互いに「お前」とか話しかけたし。。。プーチンがアメリカの選挙システムに対して信用を失墜させるためにアメリカの選挙に干渉して、そしてそれを勝ちた。それで、メルケルがまた首相にならないように、彼は最大限に干渉しようということに対してはびっくりしない。

2017年にドイツ連邦議会選挙の前にロシアは洗礼のない情報戦を展開するとヤクブ・ヤンダ「ヨーロッパの価値」というテェコ分析的センターの副社長、ヨーロッパでロシアプロパガンダに権威のある専門家が自分の自信を現した。ドイツのビルト(新聞)にインタビューをしたときロシアからドイツとアンゲラ・メルケル何を待たないといけない、そしてプーチン大統領が彼女の再選を許すなうようにやってみると自分の意見を現した。

「私が待っている通りロシアから二種類の攻撃を待たないといけないと彼が報道した。第一のはTelecom会社がぶつかったような普通のサイバー戦争である。その目的は害を与えて、ドイツの国民に政府が彼らを保護できないような感じを作ることである。第二のはロシアの侵略に対して反対になっている人に対して目的のはっきりした攻撃、特にアンゲラ・メルケルのほうにである。

だから、ドイツキリスト教民主同盟政治家と彼らの親戚の個人メールにハッカーの攻撃を待ったほうがいい。

ヤンダによるとそれと同時に個人生活は泥に顔を塗るために偽造のニュースを広げるはずである。大切な課題はメルケルが戦争を起こしている人、そして、ドイツの利益ではなくて、アメリカの利益を進んでいる政治家のイメージに見せることになったそうである。

「メルケル首相に対する規模の大きい虚報を期待していると専門家が続けた。彼女の正統性をいろんなレベルで壊してみるようにする。例えば、移民の波のせいで、ドイツに起きているすべての悪いことはメルケル自身の失敗だと呈示する。結果的に、彼女の政策に基づいて最悪の脚本が作られる。また、その運動の追求する目的はメルケルがあまり正直な人ではないということである。そして、彼女が信頼できない人だというふうに社会に確信させる」

「それ以外、もう来年の春のときトルコと欧州連合の間で難民に対しての条約をやぶるためにロシアが活発な動きをやっていると思う。それによってプロパガンダ運動に新しい難民が生じてきて、問題を作る」とドイツのビルト(新聞)がヤンダの言葉を伝えた。

トルトネフ副首相:千島列島が香港とシンガポールのような発展の中心地になることができる。

f:id:blogks5:20161222085237j:plain

日本投資、そして成長に先んじる領土の機構が千島列島で「経済奇跡」に至らせることができる。それについて小委員会を終わってからユーリ・ トルトネフ極東連邦管区での大統領全権委員がジャーナリストに言った。

「もし約束が得られたら、千島列島で集中的成長の強大なセンターを作ることができるという自信がある。世界中の実地でその例がある。例えば、香港、シンガポールである。

あちらでもスタートしたとき複雑な法律的問題があった。でも、正しい解決によって経済的成長に至らせた。もし同じような結果ができたら、もちろん双方も勝つ」とトルトネフが言った。

「経験を通して試した機構がある。私たちの成長に先んじている15領土では企業を建設しているし、人も働いている。

そのすべての機構などを提案するけども、でも洗濯することは当然安倍・晋三首相と会談しているウラジーミル・プーチンロシア大統領によって定める」と副首相が続けた。

彼によるとロシアと日本の会談に干渉しないように「千島列島」成長に先んじている領土のプロゼクトを止めらせた。

「私たちは「千島列島」成長に先んじている領土の作ることは止めらせた。なぜかというと両国の会談に干渉するのは正しくなくて、非倫理ことになると思われる。可決される約束システムに入るようにする」とトルトネフが報道した

「ロシアの領土で共同経済活動を行うための許可は国リーダーのレベルだけで実施することができる」と副首相が強調した。

そのあと、千島列島で東京との協力の機構の具体的プロゼクトはプーチンにもう1月に出すとイタル・タス通信にトルトネフが報道した

それはイゴーリ・シュワロフ第一副首相と一緒に開発する。

前日に、日本にプーチンの訪問のとき両国は南千島列島で共同経済活動を行うことについて約束した。

島々はロシアと日本の間での不和の種になるではなくて、逆にロシアと日本を連合することになると大統領が言った。

でも、千島列島を共同に開発するために特別な国際条約が必要である。その前、ロシア極東開発省の報道官によると2016年が終わるまでに「千島列島」成長に先んじる領土を作るはずである。今極東で14成長に先んじる領土が動いている。今日政府の小委員会が十五番目の「ニコラエフスクーナーアムーレ」成長に先んじる領土を作ることになった。そして「サハ共和国」成長に先んじる領土は作る予定である。

http://dv.land/news/10355

トルトネフがどうして「千島列島」先んじた成長領土のプロゼクトを止めらせたかについて話した。

f:id:blogks5:20161220234232j:plain

モスクワ、12月20日、RIAノーボスチ。千島列島で共同経済活動に対して日本とロシア首脳が得られた約束が違反されないように「千島列島」先んじた成長領土を作ることは止めらせたとユーリ・トルトネフ副首相、極東連邦管区での大統領全権委員がジャーナリストに報道した。

12月15〜16日ウラジーミル・プーチンロシア大統領と安倍・晋三日本首相が長門と東京で会談を行っていた。また、「日露ビジネス会談」というフォーラムに参加した。南千島列島で共同経済活動に対しての交渉が始まったこと、そして、両国経済協力拡大の予定について発表された。

「ロシアの領土では共同経済活動に対しての提案は国リーダーのレベルで可決するしかできない。当然、私たちは自分からの提案を準備する。私たちは「千島列島」先んじた成長領土のプロゼクトを止めらせたと言える。さもないと、それはこちらにもう実施された」とトルトネフが言った。

火曜日に(12月20日)極東とバイカル地方に先んじた成長領土を作るための投資プロゼクト実現問題について政府小委員会の会議が予定されたと彼が指摘した。

「でも、私たちはそれを止めらせた。なぜかというと両国リーダー会談に干渉するのは正しくなくて、非倫理ことになると思われる。可決される約束システムに入るようにする。

そのやりかたからみると、こちらでは同じような、リアルに試していたもう15先んじた成長領土があります。新しい企業が建設されているし、人も働いているし、インフラストラクチャーも作っている。つまり、それは理論的レベルではなくて、実際に試したことである」とトルトネフが加えた。

https://ria.ru/economy/20161220/1484111725.html

プーチンが千島列島に対しての「歴史的ピンポン」をやめることを提供した。

f:id:blogks5:20161219045019j:plain

モスクワと東京は両国の間で平和条約を締結する可能性について検討した。

ロシアと日本は平和条約を作って、締結するためにはじめの一歩をやった。ウラジーミル・プーチン大統領と安倍・晋三首相が南千島列島で共同経済活動会談のはじめについてステートメントを調和させた。そして、日本人の元出身者がその領土を訪問するための手続きが単純化するようにと依頼を任せた。それ以外、訪問の結果多くの政府間と商業書類がサインされた。

今両国は平和条約締結の途中だけにある。ロシアリーダーは北海道とサハリン州の間で自由の通い方を定めることを提供した。プーチンが来る前に安倍がソ連との条約にそって日本に移らせた南千島列島の元出身者に会った。その人たちが平和条約を締結して、彼らに千島列島を訪問する可能性が生じると期待していると日本首相が話した。彼らはロシア大統領にお手紙まで渡した。

四つの南千島列島の島々がロシア人の海員に発見された。そのあとプチャーチン海軍将官がロシア天皇のご賛成で平和条約を締結するためにそれを日本に引き渡した。そして、日露戦争のあとで東京はサハリンの半分もを受け取った。第二次世界大戦の結果、その領土はソ連の中に入った。

私は南千島列島の元出身者の胸を打たれるお手紙を読んだ。私たちからみるとその領土に対しての歴史的ピンポンをやめなければならないと思う。最終的に、日本とロシアの基本的利益は長期の完全な調整を必要とすることを理解しないといけないとウラジーミル・プーチンが言った。

いわゆる北方領土に対して東京の立場が変化したじゃないかと日本のジャーナリストが安倍に質問を出した。首相は日本が相変わらず元の立場にあって、択捉島、色丹島、歯舞群島、国後島を追求し続けていると首相が言った。

戦争が終わったあと70年間の間で日本とロシアは平和条約なしで過ごしていたので、その状態はこれからも続いていることができるとウラジーミル・プーチンが言った。でも、平和条約を締結したら両国の国民と経済にとってよいことになるしかにほかならないとロシアのリーダーが自分の自信を発言した。

もし首相氏の提案を実現したら、その島々充分に、ロシアと日本の間での不和の種になるではなくて、逆にロシアと日本を連合することになると東京で最後の記者会見のときプーチンが報道した。

もし首相の提案のほうに正しい歩き方をやったら、それは島々で共同経済活動のために特別な機関を作ること、両国の間で政府間条約を結ぶこと、相互作用のやりかたをうまくやるようにすること、それで、その土台によって平和条約の最終的問題解決の条件を形成することができるようになるとロシア大統領が強調した。

千島列島

両国のリーダーは南千島列島で共同経済活動を行う可能性を審査する依頼を任せたばかりなのに、もうその初めの相互作用のプロゼクトや分野が生じてくる。ヴェロニカ・スクヴォルツォワロシア連邦保健大臣がロシアが日本の医療サービスを作る経験と遠隔医療に対して興味を持っているとイズベスチヤに言った。そして、その専門家交換も計画を立てる。極東のある地方に共同医療機器生産を開く予定である。

オレグ・コジェミャコサハリン州知事が、サハリン州の中に千島列島も入っているけれど、日本の経験と技術がどの分野に必要になるかは数え上げた:漁業、海飼育場、リサイクル、都会インフラストラクチャーである。そして、島々に日本の建築会社も誘う可能性があると頭が言った。

アレクサンドル・ガルシカ極東開発大臣が投資家のため極東地方にあるすべての免除は日本のパートナーに与えるとイズベスチヤに説明した。

協力の文化部分についてウラジーミル・メジンスキー文化大臣が話した。彼によるとボリショイ劇場とマリインスキー劇場は客演するために日本の県に来る予定である。そして、来年日本ではロシア映画を見せるようになるそうである。

休み

訪問のはじめの日は温泉の有名である安倍の出身地、山口県でロシアと日本のリーダーが話し合った。会談が午後11:35時終わったので、ウラジーミル・プーチンが温泉に休むことは間に合わなかった。

「私は唯一の温泉に触れることができた。それは「東美人」という長門つくりのお酒で、お勧めするが、でも量には注意しないといけない」とジャーナリストにロシア大統領が言った。

ロシアリーダーの訪問が安倍と一緒に「講道館」という格闘技センターを訪ねてから終えられた。

http://izvestia.ru/news/652289?utm_source=smi2