マスコミによるとやっとエイズに対して薬が生じてきたそうであるが、それはほんとうなのか。

1。どうしたの? 科学者が「エイズに対して新しいワクチン」を成功に試したというマスコミのニュースが出てきた。 2。それはほんとうなのか。 あまりそうではないよね。そのようなタイトルは迷妄にさせてしまう。なぜかというと、私たちはワクチンなら、そ…

アレクサンドル・ボルトにコフロシア連邦保安庁首脳の命令の通りロシアとベラルーシの間で境界線が作られる。

スモレンスク州、プスコフ州、ブリャンスク州では注意される表示が作られるはずである。それ以外、境界線に入り込む時間と場所も決まる。 アレクサンドル・クラスコヴスキーというベラルーシの政治学者によるとそのような入り込むところを作ることは双方関係…

オーストリアで逮捕されたテェテェン人が「犯罪行為をやっている人の間での争いに参加した難民」であった。

ヴォルフガング・ソボトカ内務省大臣によると2月3日ヴィーンで逮捕されたテェテェン出身の22人の中から16人が難民の立場を得た。他の4人は自分の申し込みが検討されることを待っていて、二人を断れたそうである。 また、ソボトカによるとオーストリア…

日本研究家:千島列島に関する会談のときプーチンと安倍の間で困らせることが生じる可能性がある。

ロシア科学アカデミーの極東研究所の日本研究センターの首長ヴァレリー・キスタノフによると南千島列島で共同経済活動を行うための特別な地帯を作ることに対してロシアと日本の間での交渉に困らせることが生じた可能性がある。 日本にロシアリーダーの訪問の…

ロシアと日本が一緒に千島列島を展開させることができるのかな。

モスクワと東京は千島列島での共同経済活動が平和条約を締結することに至らせると主張している。それにはちょっと疑問があるけど、しかし、ウラジーミル・プーチンと安倍・晋三が自分の掛引課題を解決することができる。 サミットの前に2013年から安倍・…

南千島列島での共同経済活動

ロシアと日本:これほど進んだことは誰も期待しなかった。 日本との平和条約に対しても、島々の領土問題に対しても、それは進むと誰も期待しなかった。だから、南千島列島で共同経済活動を行うことになったのはある程度成功を得たと言える。 それはどれほど…

欧州連合はジョージアとウクライナに対してビザの手続きを廃止した。

欧州連合はウクライナにとってビザの手続きを廃止するようである。しかし、ビザなしの状況は次の場合に停止することができる: 1。欧州にいる非合法の人数が非常に増えていた場合; 2。逃げ場申請の数がすごく増えていた場合; 3。欧州が逃げ場を与えるこ…

プーチン、安倍、千島列島:50年間以上続いている行き詰まりから脱却させる方法を探求する。

今ウラジーミル・プーチン大統領が日本に訪問しているときにロシアと日本の間で起きていることは50年以上前土台が置き始まって、古くなった世界から双方も出てみようとすることである。ロシアと日本が世界の境界の反面に陥ってしまった。課題は非常に多く…

ドイツでは移民を住みつかれる割当量は増えている。

守護を得るためにドイツに入ってきた難民の大半がドイツに残ることができる権利をもらった。7月から9月まで BAMFという人間移動に対して活動している連邦機関が四人の中から三人に難民という立場を与えられたと南ドイツ新聞が報道した。 それゆえに、今年…

日本でのプーチンの訪問成功を固定する必要であると専門家が考える。

モスクワ、12月19日、RIAノーボスチ。アレクサンドル・パノフロシア元副外相、モスクワ国際関係大学の外交部の主任教授によるとロシア大統領の日本に訪問してからの得た約束は、特に千島列島での共同経済活動が平和条約交渉を行うためにもっと恵まれた雰…

プーチンが本当の意味でメルケルを好きじゃないである。

プーチンが本当の意味でメルケルを好きじゃないである。彼が失敗したたくさんのことに対して、それは彼女のせいでだと思っている。それは特にゲアハルド・シュレーダー首相との関係がとてもいい関係になったことを酌量して、例えば、彼らは一緒にヴァニャ(…

トルトネフ副首相:千島列島が香港とシンガポールのような発展の中心地になることができる。

日本投資、そして成長に先んじる領土の機構が千島列島で「経済奇跡」に至らせることができる。それについて小委員会を終わってからユーリ・ トルトネフ極東連邦管区での大統領全権委員がジャーナリストに言った。 「もし約束が得られたら、千島列島で集中的…

トルトネフがどうして「千島列島」先んじた成長領土のプロゼクトを止めらせたかについて話した。

モスクワ、12月20日、RIAノーボスチ。千島列島で共同経済活動に対して日本とロシア首脳が得られた約束が違反されないように「千島列島」先んじた成長領土を作ることは止めらせたとユーリ・トルトネフ副首相、極東連邦管区での大統領全権委員がジャーナリ…

プーチンが千島列島に対しての「歴史的ピンポン」をやめることを提供した。

モスクワと東京は両国の間で平和条約を締結する可能性について検討した。 ロシアと日本は平和条約を作って、締結するためにはじめの一歩をやった。ウラジーミル・プーチン大統領と安倍・晋三首相が南千島列島で共同経済活動会談のはじめについてステートメン…

プーチン:日本との協力について詳細会談が可能である。

ウラジーミル・プーチンロシア大統領がロシアと日本の協力について経済界の参加でもっと詳細会談を行う可能性が生じてきた」と発表した。 「今から貿易経済と投資協力に関して政府代表とも、経済界ともの参加でもっと詳細会談を行う可能性が生じてきた」とプ…

ロシアと日本は線路を作ることについて検討している。

モスクワ、12月17日RIAノーボスチ。アレクセイ・ジデノフロシア連邦運輸省副大臣がロシアと日本の間で線路を作ることは今検討中と報道した。 「日本とのつなぎ合わせることは今検討中で、サハリンに関して二つのバージョンがある。それはトンネルと橋、…

今までに日本人にとって千島列島のしまった地域は開くつもりである。

ウラジーミル・プーチンによると千島列島で行う予定の共同経済活動はこれから平和条約対話のためにいい環境を作ることに至らせるそうである。 モスクワ、12月16日インテルファクス通信。千島列島の日本人の元出身があちらに自由に通うようになるために必…

プーチンが日本との平和条約が必要であることについて話した。

東京、12月16日RIAノーボスチ。ウラジーミル・プーチンロシア大統領と安倍・晋三日本首相の交渉が友好な環境で行われていた。記者会見のときロシアのリーダーが日本を訪問していた印象について話した。そして、東京との平和条約を締結すること、またシリ…

平和条約:プーチンが安倍との交渉詳細を明かした。

日本首相安倍・晋三に会ったとき平和条約を締結する可能性について検討したとロシア大統領ウラジーミル・プーチンが話した。 また、双方が経済交流に関して「詳細な交渉を行った」そうである。プーチンによると両国の間での経済協力は「本当の意味でのパート…

プーチンが安倍にトゥーラ地方のサモワールと絵をあげた。

長門(日本)12月15日RIAノーボスチ。交渉のあと ロシアと日本のリーダーがプレゼントを交わした。ウラジーミル・プーチンロシア大統領に「プチャーチンの到着」という日本風で描いた巻絵をあげて、安倍・晋三首相にトゥーラ地方のサモワールと絵をあげ…

プーチンと安倍が千島列島で共同経済活動を行っているときのニュアンスを検討した。

ウラジーミル・プーチンロシア大統領と安倍・晋三日本首相が両国が千島列島(北方領土)で共同経済活動を行うための書類の内容を調和させた。それについて木曜日、12月15日ユーリ・ウシャコフロシア大統領副が発表した。 ウシャコフによるとリーダーが「…

プーチンと安倍はストップした接触を復興させると約束した。

モスクワ、12月15日、RIAノーボシチ。ドミトリー・ペスコフ大統領報道官によるとウラジーミル・プーチンロシア大統領と安倍・晋三首相は長門市交渉で双方話し合いを活性化すると約束した。そして、世界中であるいろいろ重要な問題を検討したそうである。…

二日間訪問のことでプーチンが日本に到着した。

12月15日イタル・タス通信(ロシア)ロシア大統領ウラジーミル・プーチンが二日間訪問のことで日本に来た。ロシアリーダーの飛行機は山口県の宇部空港に着陸して、そしてそこから安倍首相との交渉のため長門市へ出発した。最高レーベル会議所として日本…

日本にウラジーミル・プーチンの訪問は安倍・晋三の出身地を滞在することから始まる予定です。

今皆んなの注目は安倍・晋三首相のご招待によってウラジーミル・プーチンの日本に二日間訪問に対して集中している。今回基本的なテーマとして経済的協力、大ビジネスフォーラム、契約のサインなどを期待している。もちろん、ジャーナリストなら、外交政策の…

日本との平和条約を締結しようとしているとプーチンが発表した。

クレムリンのサイトに載せてある通りロシアは平和条約を締結しようと思うが、でもそのためにあいたがいの妥協を得る必要である。それについて日本のマスコミにウラジーミル・プーチンロシア大統領が発表したそうである。 これからの交渉のときは平和条約を締…

今年の取引。「ロスネフチ」という石油会社の民営化に対してどんな質問が残っているのか。

「ロスネフチ」という石油会社の株の19.5パーセントの販売が終わらせようとしている。もしそうではなかったら、イゴーリ・セーチンがウラジーミル・プーチンの前に報告するまいと思う。「ロスネフチ」の頭がそのニュースを伝えることにくっきり急ぎすぎ…

ロシアは採油を減らすつもりだ。

石油輸出国機構(OPEC)に入っていないロシア、カザフスタン、そして他の石油輸出国が採油を下げると約束した。彼らは今より毎日六十万以下バレルが採油されなければならない。そして、その中から半分がロシアを背負うつもりである。 採油の量を減らすことに…

平和条約に対してロシアと日本の立場が一致しているとラブロフが指摘した。

セルゲイ・ラブロフ外務省首脳が日本との平和条約を締結することにそんなに期待しすぎないほうがいいと頼んだが、それと同時に一連の一致している意見もあると強調した。それについてロシアの大臣が岸田・文雄日本同僚に会ってから報道した。 「一番大切な一…

「ロスネフチ」という石油会社の株の値段が6%までに高まってきた。

モスクワ証券取引所で開かれたあと最初の10分間で「ロスネフチ」という石油会社の株の値段が6%以上まで高まってきた(一つ株が377・75ルーブルになった)。 その前イゴーリ・セーチンという「ロスネフチ」という石油会社の頭が会社の19・5%の民…

「プーチン氏にとっての凱旋」・「ロスネフチ」という石油会社の民営化は西欧にとって思いがけない出来事になった。

ガーディアンによるとロシアの「ロスネフチ」という石油会社の19。5パーセントが民営化の取引についてのニュースが「市場にとって思いがけない出来事になった」そうである。今ロシアはアメリカと欧州連合の制裁のもとにあるので、その取引がロシア大統領…