読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーチン、安倍、千島列島:50年間以上続いている行き詰まりから脱却させる方法を探求する。

今ウラジーミル・プーチン大統領が日本に訪問しているときにロシアと日本の間で起きていることは50年以上前土台が置き始まって、古くなった世界から双方も出てみようとすることである。ロシアと日本が世界の境界の反面に陥ってしまった。課題は非常に多く…

日本でのプーチンの訪問成功を固定する必要であると専門家が考える。

モスクワ、12月19日、RIAノーボスチ。アレクサンドル・パノフロシア元副外相、モスクワ国際関係大学の外交部の主任教授によるとロシア大統領の日本に訪問してからの得た約束は、特に千島列島での共同経済活動が平和条約交渉を行うためにもっと恵まれた雰…

プーチンが千島列島に対しての「歴史的ピンポン」をやめることを提供した。

モスクワと東京は両国の間で平和条約を締結する可能性について検討した。 ロシアと日本は平和条約を作って、締結するためにはじめの一歩をやった。ウラジーミル・プーチン大統領と安倍・晋三首相が南千島列島で共同経済活動会談のはじめについてステートメン…

今までに日本人にとって千島列島のしまった地域は開くつもりである。

ウラジーミル・プーチンによると千島列島で行う予定の共同経済活動はこれから平和条約対話のためにいい環境を作ることに至らせるそうである。 モスクワ、12月16日インテルファクス通信。千島列島の日本人の元出身があちらに自由に通うようになるために必…

プーチンが日本との平和条約が必要であることについて話した。

東京、12月16日RIAノーボスチ。ウラジーミル・プーチンロシア大統領と安倍・晋三日本首相の交渉が友好な環境で行われていた。記者会見のときロシアのリーダーが日本を訪問していた印象について話した。そして、東京との平和条約を締結すること、またシリ…

平和条約:プーチンが安倍との交渉詳細を明かした。

日本首相安倍・晋三に会ったとき平和条約を締結する可能性について検討したとロシア大統領ウラジーミル・プーチンが話した。 また、双方が経済交流に関して「詳細な交渉を行った」そうである。プーチンによると両国の間での経済協力は「本当の意味でのパート…

プーチンが安倍にトゥーラ地方のサモワールと絵をあげた。

長門(日本)12月15日RIAノーボスチ。交渉のあと ロシアと日本のリーダーがプレゼントを交わした。ウラジーミル・プーチンロシア大統領に「プチャーチンの到着」という日本風で描いた巻絵をあげて、安倍・晋三首相にトゥーラ地方のサモワールと絵をあげ…

日本にウラジーミル・プーチンの訪問は安倍・晋三の出身地を滞在することから始まる予定です。

今皆んなの注目は安倍・晋三首相のご招待によってウラジーミル・プーチンの日本に二日間訪問に対して集中している。今回基本的なテーマとして経済的協力、大ビジネスフォーラム、契約のサインなどを期待している。もちろん、ジャーナリストなら、外交政策の…

日本との平和条約を締結しようとしているとプーチンが発表した。

クレムリンのサイトに載せてある通りロシアは平和条約を締結しようと思うが、でもそのためにあいたがいの妥協を得る必要である。それについて日本のマスコミにウラジーミル・プーチンロシア大統領が発表したそうである。 これからの交渉のときは平和条約を締…

平和条約に対してロシアと日本の立場が一致しているとラブロフが指摘した。

セルゲイ・ラブロフ外務省首脳が日本との平和条約を締結することにそんなに期待しすぎないほうがいいと頼んだが、それと同時に一連の一致している意見もあると強調した。それについてロシアの大臣が岸田・文雄日本同僚に会ってから報道した。 「一番大切な一…

ロシアは日本との関係を広げようという気持ちで働いている。

サンクトペテルブルク、12月二日、RIAノーボシチというロシアのマスコミ。プーチン大統領によるとモスクワではロシアと日本の経済協力が展開されていくために安倍・晋三首相が出して頂いた提案の実装に対して働き続けているそうである。 (日本とロシアの…

1905年ポーツマス平和条約の内容

ポーツマス平和条約の内容は15条からなっていて、そして二つの追加があった。平和条約はロシアと日本の皇帝、そして両国と国民の間で平和と友好を掲げていた。平和条約に沿ってロシアは韓国が日本のもとにある国として認めて、そして南満洲鉄道の部分、つ…

ポーツマス平和条約(1905年9月五日)

1904〜1905年の日露戦争を終わらせる平和条約がアメリカのポーツマスという都市でロシア帝国と日本帝国の間で1905年9月五日に締結された。戦争途中でロシアに対して成功を勝ち取ったにもかかわらず、そのため一生懸命すべての必要な力が緊張さ…

プーチン氏が日本と千島列島に対しての交渉について話された。

モスクワ、「インテルファクス」というマスコミ、11月21日: ウラジーミル・プーチン氏がロシアと日本の間で平和条約がないことは昔の残存物であり、国相互関係の展開にブレーキをかけさせると報道された。 「まだ解決しようという基本的問題について、…

樺太・千島交換条約 (1875年のサンクトペテルブルク平和条約)

1875年のサンクトペテルブルク平和条約という平和条約を締結する前の交渉は複雑で、長時間がかかっていた。両側も長期間自分の苦情に対してなかなか決定することができなかった。例えば、最初日本人は樺太を割るところは北の50緯度にするとか、それか…

日露和親条約(日露平和条約)

1855年の日露平和条約によって樺太は日本とロシアの共有領土になった。総体に、それは領土を使うことについて約束で、隣の両国の間での平和条約になった。 そのうち、ロシア帝国が樺太の植民地化を活発に行われていて、あちらにますますロシア人の人が引…

ロシアと日本の初めてのご紹介と平和条約

17世紀の真中にロシアはシベリアの大部分を自分に併合して、オホーシク海の陸に面していました。そして、あるときロシア人が難破したことによって、初めてデンヴェイという一人の日本人にあった。つまり、約1701年にロシアは日本という国が存在してい…

日本との平和条約のテキストに対して行っている働きについてマトヴィエンコさんが話された。

日本に千島列島を渡すという交渉はロシアが行っていない。そういう声明が東京で記者と話し合ったときワレンチナ・マトヴィエンコさんというロシア連邦院の議長に発表された。今ロシア連邦院の議長が日本に訪問している。 「二 つ、それとも全部の島々を渡す…

ザハロヴァさん:南千島列島に対してロシアの主権は少しも疑う余地がないである。

第二次大戦の結果、南千島列島がロシアに属しているので、それに対してロシアの立場は順序のある、そして不変で、ロシアの主権は少しも疑う余地がないである。それについてマリア・ザハロヴァというロシア外務省の正式的代表者が表明された。それは南千島列…

露日平和条約に対して邪魔になる問題

アメリカのほうからロシアを国際隔離してみるの背景に日本首相安倍晋三がロシアに訪問したことは両国の協力を固める、そして平和条約を結ぶ可能性のある重要な一歩である。千島列島が誰のものかという論争のせいで平和条約がないこそが両国が経済協力を固め…

マトヴィエンコさんが日本との平和条約を準備している。

ロシア連邦院の議長が東京へ到着したことはロシア大統領の訪問を兆候する。 ロシアと日本は平和条約のテキストを準備している努力が平静にやっている。それについて安倍晋三首相に会ったあとワレンチナ・マトヴィエンコさんというロシア連邦院の議長が話され…

マトヴィエンコさん:「日本との平和条約を準備している時に信頼できる環境を作らなければならないでしょう。」

http://tass.ru/politika/3749494 マトヴィエンコさんというロシア連邦院の議長によるとその問題で両方国家の議会も特別の役割を果たしているそうである。 東京、11月一日「イタル・タス通信」。ロシアと日本の間で平和条約が結ばれる途中で一番重要なのは…

プーティンさんが日本と平和条約される期日を決めることに対して反対である。

シチという都会。10月27日インテルファクスというマスコミ。ロシア大統領ウラジーミル・プーティンによると日本と平和条約される期日を決めてみることはよくないだそうである。 「ヴァルダイ」という国際討論クラーブの本会議で、そういう平和条約がいつ…