ロシアは日本との関係を広げようという気持ちで働いている。

サンクトペテルブルク、12月二日、RIAノーボシチというロシアのマスコミ。プーチン大統領によるとモスクワではロシアと日本の経済協力が展開されていくために安倍・晋三首相が出して頂いた提案の実装に対して働き続けているそうである。 (日本とロシアの…

1905年ポーツマス平和条約の内容

ポーツマス平和条約の内容は15条からなっていて、そして二つの追加があった。平和条約はロシアと日本の皇帝、そして両国と国民の間で平和と友好を掲げていた。平和条約に沿ってロシアは韓国が日本のもとにある国として認めて、そして南満洲鉄道の部分、つ…

ポーツマス平和条約(1905年9月五日)

1904〜1905年の日露戦争を終わらせる平和条約がアメリカのポーツマスという都市でロシア帝国と日本帝国の間で1905年9月五日に締結された。戦争途中でロシアに対して成功を勝ち取ったにもかかわらず、そのため一生懸命すべての必要な力が緊張さ…

プーチン氏が日本と千島列島に対しての交渉について話された。

モスクワ、「インテルファクス」というマスコミ、11月21日: ウラジーミル・プーチン氏がロシアと日本の間で平和条約がないことは昔の残存物であり、国相互関係の展開にブレーキをかけさせると報道された。 「まだ解決しようという基本的問題について、…

ウリュカエフ氏というロシア経済開発貿易省の大臣の逮捕

ウリュカエフ氏というロシア経済開発貿易省の大臣の逮捕はイゴーリ・セーチン氏とメドヴェージェフ氏の氏族間の排他的コーポレーション紛争と関係している。 ロシアではお金が消耗していくので、国の経済状態は非常に辛いである。その理由で政府は政権の安定…

樺太・千島交換条約 (1875年のサンクトペテルブルク平和条約)

1875年のサンクトペテルブルク平和条約という平和条約を締結する前の交渉は複雑で、長時間がかかっていた。両側も長期間自分の苦情に対してなかなか決定することができなかった。例えば、最初日本人は樺太を割るところは北の50緯度にするとか、それか…

日露和親条約(日露平和条約)

1855年の日露平和条約によって樺太は日本とロシアの共有領土になった。総体に、それは領土を使うことについて約束で、隣の両国の間での平和条約になった。 そのうち、ロシア帝国が樺太の植民地化を活発に行われていて、あちらにますますロシア人の人が引…

ロシアと日本の初めてのご紹介と平和条約

17世紀の真中にロシアはシベリアの大部分を自分に併合して、オホーシク海の陸に面していました。そして、あるときロシア人が難破したことによって、初めてデンヴェイという一人の日本人にあった。つまり、約1701年にロシアは日本という国が存在してい…

日本との平和条約のテキストに対して行っている働きについてマトヴィエンコさんが話された。

日本に千島列島を渡すという交渉はロシアが行っていない。そういう声明が東京で記者と話し合ったときワレンチナ・マトヴィエンコさんというロシア連邦院の議長に発表された。今ロシア連邦院の議長が日本に訪問している。 「二 つ、それとも全部の島々を渡す…

ザハロヴァさん:南千島列島に対してロシアの主権は少しも疑う余地がないである。

第二次大戦の結果、南千島列島がロシアに属しているので、それに対してロシアの立場は順序のある、そして不変で、ロシアの主権は少しも疑う余地がないである。それについてマリア・ザハロヴァというロシア外務省の正式的代表者が表明された。それは南千島列…

露日平和条約に対して邪魔になる問題

アメリカのほうからロシアを国際隔離してみるの背景に日本首相安倍晋三がロシアに訪問したことは両国の協力を固める、そして平和条約を結ぶ可能性のある重要な一歩である。千島列島が誰のものかという論争のせいで平和条約がないこそが両国が経済協力を固め…

マトヴィエンコさんが日本との平和条約を準備している。

ロシア連邦院の議長が東京へ到着したことはロシア大統領の訪問を兆候する。 ロシアと日本は平和条約のテキストを準備している努力が平静にやっている。それについて安倍晋三首相に会ったあとワレンチナ・マトヴィエンコさんというロシア連邦院の議長が話され…

マトヴィエンコさん:「日本との平和条約を準備している時に信頼できる環境を作らなければならないでしょう。」

http://tass.ru/politika/3749494 マトヴィエンコさんというロシア連邦院の議長によるとその問題で両方国家の議会も特別の役割を果たしているそうである。 東京、11月一日「イタル・タス通信」。ロシアと日本の間で平和条約が結ばれる途中で一番重要なのは…

セルビヤにあるロシアの大使館がロシア人の追放は投機にすぎないと言われていた。

https://meduza.io/news/2016/10/28/v-posolstve-rf-v-serbii-nazvali-spekulyatsiyami-soobscheniya-o-deportatsii-rossiyan セルビアにあるロシアの大使館がロシア人の追放は投機にすぎないと言われていた。ベオグラードにあるロシアの大使館はモンテネグ…

プーティンさんが日本と平和条約される期日を決めることに対して反対である。

シチという都会。10月27日インテルファクスというマスコミ。ロシア大統領ウラジーミル・プーティンによると日本と平和条約される期日を決めてみることはよくないだそうである。 「ヴァルダイ」という国際討論クラーブの本会議で、そういう平和条約がいつ…

大騒ぎを起こして千島列島にいる軍隊を立たせて戦備が高くした状態に至らせた。

10月21日千島列島にいる軍隊部を軍事教育の大騒ぎで立たせて、そして東軍管区の色々な部分に対して2016年の総合のテックがされて、高くした戦備に至らせたとロシア国防省が報道された。 千島列島の属することについて日本がやっと約束したいという根気強…

欧州移民危機は深刻になり続いていて、ドイツはその問題に少数である。

ドイツの政権は活発的に移民を住みつかせている。ドイツにとってはそれはできることですが、でも各国に何人の移民を入らせることができるかに対して作られ た欧州連合の移民契約の力が失われてしまったのである。なぜかというとスウェーデンは移民を入り込ま…

ゴロジェツさんという副首相は「働いている人が貧しい状態に至っていた」と報知したのである。

ロシヤ政府のオリガ・ゴロジェツさんという副首相が「ロシヤで五百万人ぐらい人が最低賃金で働いている」と報知したである。ゴロジェツさんによると働いている人が貧しくなっている状態に至っていたそうである。それは特別な状態だそうである。その傾向は心…

「ヤロヴァヤさんの法案」によって誰が、どんな刑期を持つようになるのか。

ウラジーミル・プーチン大統領はイリナ・ヤロヴァヤさんという国家院の代表者、そしてヴィクトル・オゼロフさんという連邦院の議員が作成されていた反テロ 法案をサインしたである。反テロの修正が刑法典の中に「犯罪について隠匿行為」という条を入れる必要…

このごろヤロヴァヤという国会の代表者が憲法の委員会の頭に任命されたのである。

国家院の選挙の結果が公表されたあとヤロヴァヤさんの新しい任命について知るようになったのである。間接に、それはヤロヴァヤさんを使って憲法に変化を入 れたいというプーチンの考えかも知りません。なぜかというと、彼女は一番いやらしい法案を実現し、そ…

メルケルが毎月イタリヤとギリシヤからドイツへと数十万移民を入らせていただくことに準備である。

メルケルが毎月イタリヤとギリシヤからドイツへと数十万移民を入らせていただくことに準備である。それによって南ヨーロッパの国々から移民の負担 を軽減したいというつもりである。つまり、イタリヤとギリシヤに入っていた移民はドイツで難民の地位を得るこ…

国際連合事務総長の地位を得るために闘争しているのである。

国際連合事務総長の地位を得るために闘争しているのである。それは東ヨーロッパからの女性になると思うのである。ブルガリヤがイリナ・ヴォコヴァという候 補者が提供されていたのである。その政治家はロシヤと密接な関係を持っているとされているのである。…

バストリキンがロシヤ連邦捜査委員会の先導の地位をやめるのである。

国家院の選挙を終わったあとアレクサンドル・バストリキンというロシヤ連邦捜査委員会の議長が自分の任を辞職させることになったのである。RBC Information Systems (RBC Group)というロシヤのマスコミによるとその機関のトップの人に対して刑事事件を開いて…

「VimpelCom」 (別の名前:「Beeline」) という会社の元社長の脱出。

この記事の中でトップの人が(彼に対して刑事事件を作られた)ロシヤから出発することができたについて描写している。ロシヤ連邦保安庁(FSB)が「電力事業家事件」という刑事に関する人を逮捕するための特別な演算を準備していることについて誰かにミハイル…

イスラエルにグロゾヴスキイという司祭がロシヤに犯罪人引き渡されたのである。

ペドフィリヤのことをやっている人だという嫌疑で、グレヴ・グロゾヴスキイという司祭がイスラエルからロシヤに犯罪人引き渡されたのである。それについてイスラエルの刑務所庁に布告がされたのである。「インテルファクス」によると9月七日夜の飛行機でグ…

ロシヤでサイエントロジーが最終的に禁止されたのである。

ロシヤでサイエントロジーが最終的に禁止されたのである。憲法裁判がサイエントロジーから良心の自由と宗教団体の権利を破っていたという控訴を拒否したで ある。サイエントロジーには宗教団体を示す特徴がないと裁判所に認められたのである。以前には最高裁…

ロシヤの政権は表現の自由と異論派に対して闘争しているのである。

今日過激主義という条に基づいてロシヤの有名なブロガーに判決を下したのである。アントン・ノシクさんというロシヤのルネトの創立者、 ロシヤのLenta.ru、 Gazeta.ru、 Newsru.com、 そして Ramblerというウェブサービスの元発行人と思想家が2015年秋の時に…