メルケルが毎月イタリヤとギリシヤからドイツへと数十万移民を入らせていただくことに準備である。

メルケルが毎月イタリヤとギリシヤからドイツへと数十万移民を入らせていただくことに準備である。それによって南ヨーロッパの国々から移民の負担 を軽減したいというつもりである。つまり、イタリヤとギリシヤに入っていた移民はドイツで難民の地位を得るこ…

国際連合事務総長の地位を得るために闘争しているのである。

国際連合事務総長の地位を得るために闘争しているのである。それは東ヨーロッパからの女性になると思うのである。ブルガリヤがイリナ・ヴォコヴァという候 補者が提供されていたのである。その政治家はロシヤと密接な関係を持っているとされているのである。…

バストリキンがロシヤ連邦捜査委員会の先導の地位をやめるのである。

国家院の選挙を終わったあとアレクサンドル・バストリキンというロシヤ連邦捜査委員会の議長が自分の任を辞職させることになったのである。RBC Information Systems (RBC Group)というロシヤのマスコミによるとその機関のトップの人に対して刑事事件を開いて…

「VimpelCom」 (別の名前:「Beeline」) という会社の元社長の脱出。

この記事の中でトップの人が(彼に対して刑事事件を作られた)ロシヤから出発することができたについて描写している。ロシヤ連邦保安庁(FSB)が「電力事業家事件」という刑事に関する人を逮捕するための特別な演算を準備していることについて誰かにミハイル…

イスラエルにグロゾヴスキイという司祭がロシヤに犯罪人引き渡されたのである。

ペドフィリヤのことをやっている人だという嫌疑で、グレヴ・グロゾヴスキイという司祭がイスラエルからロシヤに犯罪人引き渡されたのである。それについてイスラエルの刑務所庁に布告がされたのである。「インテルファクス」によると9月七日夜の飛行機でグ…

ロシヤでサイエントロジーが最終的に禁止されたのである。

ロシヤでサイエントロジーが最終的に禁止されたのである。憲法裁判がサイエントロジーから良心の自由と宗教団体の権利を破っていたという控訴を拒否したで ある。サイエントロジーには宗教団体を示す特徴がないと裁判所に認められたのである。以前には最高裁…

ロシヤの政権は表現の自由と異論派に対して闘争しているのである。

今日過激主義という条に基づいてロシヤの有名なブロガーに判決を下したのである。アントン・ノシクさんというロシヤのルネトの創立者、 ロシヤのLenta.ru、 Gazeta.ru、 Newsru.com、 そして Ramblerというウェブサービスの元発行人と思想家が2015年秋の時に…