読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロシヤの政権は表現の自由と異論派に対して闘争しているのである。

今日過激主義という条に基づいてロシヤの有名なブロガーに判決を下したのである。アントン・ノシクさんというロシヤのルネトの創立者、 ロシヤのLenta.ru、 Gazeta.ru、 Newsru.com、 そして Ramblerというウェブサービスの元発行人と思想家が2015年秋の時に自分のブログにシリヤでロシヤの作戦について載せた記録によって判決したので ある。
ノシクさんはよくクレムリンに反して激しい記録(post)を載せていたのである。その有名なブロガーに対してなんのために訴訟事件が作っ たのかというと、実は毎月ネットワークで百五十万人にノシクさんのブログと記録が見られているのである。 (https://www.similarweb.com/website/dolboeb.livejournal.com#overview
独立を持っているマスコミがあまり残っていないこの国でそんな人の集まりは多すぎることになるのである。その注目を招く訴訟事件によって政権は脅しておいていることを目標にするのである。だから誰かが自分の意見を出されば、必ず告発を及ぼすのである。
「ソ ワ」という人権擁護センターのアレクサンドル・ヴェルホヴスキーさんという社長によるとロシヤの政権は統計をよくするために282条を使っているそうであ る。なぜかというとテロリズムに対して外よりネットワークで闘争するのははるかに簡単なことになるからである。それを見て分かるように「ソワ」センターと ヴェルホヴスキーさんは政権に対してかなり反対の立場をとっていて、そして実際、政権がテロリズムと過激主義に対して闘争のきっかけに気に入らない人を排 斥しているそうである。

f:id:blogks5:20161022040050j:plain