読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バストリキンがロシヤ連邦捜査委員会の先導の地位をやめるのである。

政治

f:id:blogks5:20161022043719j:plain

 

国家院の選挙を終わったあとアレクサンドル・バストリキンというロシヤ連邦捜査委員会の議長が自分の任を辞職させることになったのである。RBC Information Systems (RBC Group)というロシヤのマスコミによるとその機関のトップの人に対して刑事事件を開いていたあと、そういう決定になったそうである。

バストリキンの辞職
ロシヤ連邦保安庁(FSB)とロシヤ連邦捜査委員会の幹部に近い人たち、そして大統領府に近い三人がRBC に言ったのはアレクサンドル・バストリキンがロシヤ連邦捜査委員会の 頭の任を辞職するということである。はっきりした期間をRBC が言っていないけど、でも9月18日選挙を終わったあと、しばらくの間で辞職は起きるはずのである。バストリキンを辞職させることについて今検討されてい るのが本当ですかというRBCの質問にドミトリー・ペスコフという大統領の報道官がそれは初めて聞いていると答えたそうである。ヴラジミル・マルキン(水 曜日彼はこれから辞職することについて知られたのである。)というロシヤ連邦捜査委員会の代表者がRBCと話すことには断ったのである。
7 月バストリキンの機関はロシヤ連邦捜査委員会のトップ人たちに対しての刑事事件によってスキャンダルの中心に入ってしまったのである。それはミハイル・マクシメンコというロシヤ連邦捜査委員会の自分の安全とその機関内のお互い協力を行っている庁の頭、アレクサンドル・ラモノフという彼の副頭、デニス・ニカンドロフというモスクワ のロシヤ連邦捜査委員会本 部の副頭、彼らに対して規模の非常に大きい賄賂を受け取ったという告発が出されたのである(ロシヤ刑法法典の290条項6部 分)。ロシヤ連邦保安庁(FSB)のバージョンによると彼らがお金でザハリヤ・カラソフという犯罪権威者の人たちを刑務所から放免することを準備してみた そうである。その事件でかなめの役割はロシヤ連邦捜査委員会の有力者、そしてバストリキンの友人であるマクシメンコが遂行していたとFSBロシヤ連邦捜査委員会の二人が РБКに言ったのである。その時マルキンというロシヤ連邦捜査委員会の情報官が彼らを逮捕したFSBの職員に感謝したのである。
ロシヤ連邦保安庁(FSB)に身近な人がRBCに言ったのはバストリキンの部下を逮捕したあと、バストリキンの立身の事も決めたことになったのである。そし て、国会選挙を行っていてからすべての人材のことを決めることにしたのである。そのときペスコフはジャーナリストに「審理中の背景に仮説的な判断は絶対許 さいないことだ」と言っていたのである。(それはバストリキンが辞職可能性についてですね)。
バストリキンに対しての不満は「長い間成熟してい た」とFSBの源泉が説明したのである。彼によるとバストリキンがよく注目を招きすぎていたのである。今年の4月ロシヤ連邦捜査委員会の 議長が「コッメルサヌトーブラスチ」という雑誌で記事を載せたのである。その中で過激主義に反対する法を激しくすることを根拠していて、ロシヤの問題は アメリカが行っている雑種の戦争と関係していると判断していたのである。2012年の夏のときセウゲイ・ソコロフという「ノバヤ・ガゼタ」という新聞の編 集長に対して威したのである。同じ2012年のときアレクセイ・ナバルニーという汚職対策基金の創立者はバストリキンがチェコで不動産と永住権を持ってい ることを見つけたのである。2015年末スペインの検察にバストリキンとタンボフの犯罪グループが関係されていることは知るようになったのである。
2015 年ある会議のときロシヤ連邦捜査委員会の議長の働きに対して大統領ウラジーミル・プーチンが不満を表したと政府と法執行機関に近い源泉がRBCに言ったのである。ロシヤの兵士にアルメニヤ人の 家族が殺人罪されたことに対しての捜査にロシヤとアルメニヤの法執行機関の働きの調整がロシヤ連邦捜査委員会の議長が非常に悪く行っていたというふうに認定されたのである。ロシヤ連邦捜査委員会という機関が客観的に危機の状態に入っているのである。そしてロシヤ連邦捜査委員会の 議長が非専門家を大黒柱にしていたと大統領の行政に近い相手がRBCに言ったのである。捜査のレベルはロシヤ連邦捜査委員会にずっと下がっているとルスラン・コブレフという弁護士がされているのである。彼によると検察のコントロールがなかったことは捜査の質に否 定的な影響を与えたそうである。「捜査が不透明になってしまって、予審判事が刑事事件に形式的な証拠を集めているようになったのである。なぜかというと結 局裁判にどうしても犯罪の判決が出されている」と弁護士が言ったのである。
バストリキンがロシヤ連邦捜査委員会を形成しなければならないという課題を実行したのである。でも、そのプロセスで最初ロシヤの検察庁と関係を非常に悪くして、その後ロシヤ連 邦保安庁(FSB)と以前効果的に動いていた関係も崩れてしまったとエヴゲニー・マルテンコという政治学者が言っているのである。ロシヤ連邦捜査委員会の議長が他の法執行機関に機関的な戦争に負けてしまったとクレムリン行政の幹部に近い相手が言ったのである。

新しい頭
バ ストリキンの代わりにロシヤ連邦捜査委員会の新しく可能な頭として司法の少将であるイゴル・クラスノフという今の副議長が見られているとロシヤ連邦保安庁(FSB)とロシヤ連邦捜査委員会に 身近な二人の相手がRBCに言ったのである。クラスノフという人は大騒ぎしていた刑事事件を捜査していたことによって有名になったのである。2009年 から彼はスタニスラブ・マルケロブとアナスタシヤ・バブロヴァという弁護士をモスクワの中心に殺人罪した事件を捜査していたのである。その結果ニキタ・チ ホノフとエウゲニヤ・ハシスという国民主義者、そして彼らは「ロシヤの国民主義の戦闘団体」という団体に関係していたのである。クラスノフがニッヶ月間ボ リス・ネムツォフを殺人した事件を捜査していたのである。そして、そのクラスノフの代わりにその事件の捜査グループをニコライ・ツテビチュが先頭に立った のである。2015年5月クラスノフがその機関の優秀な人が入っていた

ロシヤ連邦捜査委員会の新しい部門を先頭に立ったのである。
その前バストリキンの代わりにゲオルギー・ポルタフチェンコという今のサンクトの市長が見られているとRBCに相手が言っていたのである。彼らによるとサン クトの市長が代わることもう決められたので、法執行機関者の中で彼がロシヤ連邦捜査委員会を先頭に立つことができると検討していたのである。理論的にそのバージョンが今も見られているとクレムリンに身近な相手が言ったのである。でも、やはりポ ルタフチェンコがロシヤ連邦捜査委員会のオンラインの管理を活動的に行うことができるということに疑問があるようである。
もしバストリキンがほんとうに辞職するならば、彼の代わりにロシヤ連邦捜査委員会の中にいる人ではなくて、それは検察またはロシヤ連邦保安庁(FSB)の人になるだろうとコブレフという弁護士が推測しているのである。

先導の前
水 曜日ウラジーミル・マルキンというロシヤ連邦捜査委員会の 正式な代表が辞職していることについて知るようになったのである。源泉に基づいてそれについて「ライフ」と「イタル・タス通信」が報道さ れたのである。大統領の行政に近い相手がRBCにその情報を確認したのである。マルキン自身が自分の辞職についての情報をコメンロするのを断っていたので ある。
RBCの相手、ロシヤ連邦保安庁(FSB)の説明によるとマルキンの運命が選挙のあと決めないといけないことになったのが、でも最近その 報 道官をめぐってのスキャンダルによってもう「我慢たまらなくなった」のである。マルキンが剽窃の告発の背景で自分の地位をやめたのである。9月のはじめ少 将が「ロシヤで21世紀の一番大騒ぎの犯罪」という本を出したのである。そのあと、ナデジュダ・プルセンコヴァとイリヤ・ヴァラバノフという「ノヴァヤ・ ガゼタ」と「コメルサント」という新聞のジャーナリストがマルキンが出版所の許可なしで、そして源泉を示さないで彼らの記事の内容を使ったと言い表したの である。
しばらくして、「エクシモ」という出版所にマルキンの本がマスコミの材料から引用した部分に対して源泉なしで出版されたのは技術的なミスのせいでだという報道が出されたのである。
マルキンがロシヤ連邦捜査委員会の予審判事の大半と複雑な関係があったとその機関に近い三人の相手がRBCに言ったのである。その一人によるとロシヤ連邦捜査委員会の 代表者が準備していることについて、または他のオンラインのイベントについてよく彼に伝えていなかったのである。例えば、2015年12 月の終わりに「Open Russia」というミハイル・ホドルコフスキーの社会的団体のオフィスで捜索を行っていたことはマルキンにとって全く知らないことになったのである。
「イタル・タス通信」によるとマルキンが規模の多く、責任がある課題を決めることができる他の提供を受けたので、活動範囲を変わっているそうである。

9年間の捜査
バ ストリキンがサンクト大学法学部の卒業者である。大学でウラジーミル・プチンが勉強していたグループの組長になっていたのである。それから、内務省で働い ていて、準博士になって、そしてサンクトのコムソモールのリーダになったのである。1980年代の終わり〜1990年代の前半の時サンクトにあったソ連の 検察の科学的研究所、そのあとサンクト法大学を先頭に立っていたのである。2000年代の時司法省の西北連邦管区の庁の先導になって、2006年ユリー・ チャイカという検事総長の副になっていたのである。2007年検察庁に入っているロシヤ連邦捜査委員会を先頭に立っていて、それに基づいて2011年ロシヤのロシヤ連邦捜査委員会が創立されたのである。