メルケルが毎月イタリヤとギリシヤからドイツへと数十万移民を入らせていただくことに準備である。

f:id:blogks5:20161022044029j:plain

メルケルが毎月イタリヤとギリシヤからドイツへと数十万移民を入らせていただくことに準備である。
それによって南ヨーロッパの国々から移民の負担 を軽減したいというつもりである。つまり、イタリヤとギリシヤに入っていた移民はドイツで難民の地位を得ることができるのである。でも、そういう政策は オーストリヤ外務省の頭をはじめ、多くの人に批判されているのである。難民の問題ではドイツが少数になってしまうでしょう。そして、メルケルと彼女の党が 勢いを失ってしまうかもしりません。