読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ヤロヴァヤさんの法案」によって誰が、どんな刑期を持つようになるのか。

法律

f:id:blogks5:20161022044344j:plain

ウラジーミル・プーチン大統領はイリナ・ヤロヴァヤさんという国家院の代表者、そしてヴィクトル・オゼロフさんという連邦院の議員が作成されていた反テロ 法案をサインしたである。反テロの修正が刑法典の中に「犯罪について隠匿行為」という条を入れる必要があると提供されている。また、他のいくらかの条に対 しても責任を厳しくする必要があるとされている。20日から実施される反テロの修正がどのような脅しを及ぼすについてロシヤの「Dozhd」というマスコ ミが話されている。

「隠匿行為」
刑罰:1年間までの禁固に処すること、または同じ期間の強制労働、または十万ルーブルまでの罰金になるということである。
根 拠:テロを準備すること、またはテロ犯罪をやったことについて隠匿したこと(もしその履行者が夫婦も血縁者もいない場合)。その条によっての刑は14歳か ら始まる。大量の混乱、加重する乱暴行為、ヴァンダリズム、政治家または社会活動家の命に対して侵害すること、国際保護にいる人、または国際保護にある官 庁に対しての攻撃に参加したらその年齢から、つまり14歳から裁判することになったのである。

「テロリズム、過激主義、大量混乱」
刑罰:3〜6年間までの禁固に処するということである。
ロシヤの刑法典の282条に沿って「嫌悪または敵意をさせること、同じように人のこけんを落とすこと」である。
根拠:過激主義の団体または共同体の活動を作ること、過激主義団体を融資するということである。

刑罰:5〜7年間までの禁固に処すること、または百万ルーブルまでの罰金のことである。
根拠:テロリジムに公的にアピールすること、またはインターネットでそれを公的に是認するということである。

刑罰:5〜10年間までの禁固に処すること、または三十万〜七十万ルーブルの罰金、または2〜5年間までの強制労働になるということである。
根拠:大量混乱に引き入れるということである。

刑罰:10〜15年間までの禁固に処すること、そしてそれに加え多額な罰金も科する可能性がある
根拠:「国際テロリズム」を融資することである。
も し「テロ活動」という条に沿っての犯罪を人のグループがやったら、またはそれによって人が死んだ場合は最低の刑期は8年間から10年間までに、そして10 年間から12年間までに上がってきたである。テロ団体に参加したことは10〜20年間までの禁固に処することになったである(以前それは5〜10年間まで にあったである)。

刑罰:15〜20年間までの禁固に、または一生の禁固に処するである。
根拠:その刑罰を受けるための条は「国 際テロリズム」という条になるのである。人類の平和と安全に反対犯罪の中で新しい犯罪が生じてきた。それは「国際テロリズム」ということである。それはロ シヤ以外のところでテロ事件をすること、またそれをやろうという脅しについて言っているのである。

「伝道」
刑罰:個人にとって五千〜五万ルーブルまで、法人にとって十万〜百万ルーブルまでの罰金になるのである。
根 拠:国民のため信教と良心の自由という法律の要求を破りながら伝道と説教を行うことである。伝道というのは法律通り公的な祈祷すること、マスメディアとイ ンターネットを通して出版した宗教的ものとか、テープ、CDとか、ビデオなどのものを広めること、また説教活動、そして宗教に必要である公的なお布施を集 めるということである。

「インスタントメッセージ」
刑罰:百万ルーブルまでの罰金になるのである。
ロシヤ連邦保安庁 (FSB)にインスタントメッセージを通してのデータのやりとりのコードの解読を開かなかったら、例えば、 WhatsApp とか、 Telegramなどというプロバイダに対して当てはめるのである。司法機関のためプロバイダが暗号にしたファイルに対して暗号解読のキーを出さなけばな らないことになるのである。また、反テロの修正によって移動体通信ネットワークの会社はお客のデータが半年間、電話した情報が3年間を保存しなければなら ぬ、 そして司法機関の要求に沿ってそれを出さなければならなくなるのである。