読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴロジェツさんという副首相は「働いている人が貧しい状態に至っていた」と報知したのである。

経済

f:id:blogks5:20161022044628j:plain

ロシヤ政府のオリガ・ゴロジェツさんという副首相が「ロシヤで五百万人ぐらい人が最低賃金で働いている」と報知したである。
ゴロジェツさんによると働いている人が貧しくなっている状態に至っていたそうである。それは特別な状態だそうである。その傾向は心配させるような真剣なことになってくるそうである。
RIAノーボスチというマスコミが報道されている通りロシヤで2014年から「貧しさがずっと増している」と副首相が認めたである。
ゴロデツさんによると今最低賃金は最低限生活費ほどのレベルまでに上がらせることについて検討されているそうである。
ロシヤでは最低賃金は七千五百ルーブルになっているのである。ロシヤの政府に決定されていた最低限生活費は九千九百五十六ルーブルになっているのである。
ロシヤの国家統計庁によるとロシヤでは二千一百万人ぐらいの人が最低限生活費以下の収入を持っている(つまり、それは国民の15パーセントになる)そうである。

コメント:それはロシヤでは経済的な危機が展開されていくというもう一つの証明になっていると思うのである