読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州移民危機は深刻になり続いていて、ドイツはその問題に少数である。

f:id:blogks5:20161028023844j:plain

ドイツの政権は活発的に移民を住みつかせている。ドイツにとってはそれはできることですが、でも各国に何人の移民を入らせることができるかに対して作られ た欧州連合の移民契約の力が失われてしまったのである。なぜかというとスウェーデンは移民を入り込ませることに対して断ったのである。ギリシャとイタリヤ がそれをできないことは国の経済は弱くて、若者の中で失業があるからである。オーストリヤの連邦首相が移民危機のせいで退職したのである。今ハンガリーは 移民問題によってドイツと公開的にけんかしているのである。その理由はオルバーンというハンガリーの首相が2018年のあとも自分の政権を維持したいとい うわけである。最近彼の政府がますます批判されていて、選挙人に教育システムと医療、そして国の汚職に対して不満の色がますます現されているのである。オ ルバーン、そして彼の政党が二つの問題によって支えられているのである。それはハンガリー内の課題を解決するために最大限の自由を持つように、そういう目 的に基づいて移民に対しての政策、そして欧州連合に対しての政策が開発されているのである。それは2018年に オルバーンの勝つチャンスが高くすることができるポイントになると思うのである。