読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大騒ぎを起こして千島列島にいる軍隊を立たせて戦備が高くした状態に至らせた。

政治

10月21日千島列島にいる軍隊部を軍事教育の大騒ぎで立たせて、そして東軍管区の色々な部分に対して2016年の総合のテックがされて、高くした戦備に至らせたとロシア国防省が報道された。

千島列島の属することについて日本がやっと約束したいという根気強いうわさの背景に規模の大きいテックが行われている。

最初みんなの軍人は軍事教育の主な学科目、例えば射撃、戦術、特別などの形で個人的試験を受けなければなりません。各指揮官は自分の区分の軍備の色々なモデルと軍技術の熟練を提示しなければなりません。

最終的に、テックされている人は戦略的、そして特別戦略的軍事演習の時、計画通り「グラド」という多連装ロケット砲で、そして「オルラン−10」という無人航空機によって海にあるグループ目標のほうに軍事射撃がされていた時軍隊の動きと指揮官の準備が評定されると報道される。全部でその演習に何人が参加するのかについて当局が確認していない。

同じように10月18日、中央軍管区で規模大きい演習をやりながら一年間総合のテックが始まった。西と南シベリアで住んでいる2万人の軍人が演習のことで警報によって立てさせた。ロシア国防省によると彼らは演習場まで歩いてきて、あちらで戦術的射撃という複合演習に入ったそうである。

五日間行う予定のテックには機械化歩兵、機甲戦、大砲軍、トルマチョヴォという軍用飛行場の乗組員、S−300とS−400というミサイル砲、特殊部隊、そしてすべての軍隊型の専門家が参加する。軍人が演習から防御まで、そして攻撃というすべての作戦型の行動を練習し、その後指揮が軍隊師団の戦備が評定される。

同じ日に、2016年総合の戦備イベントとして北極でも陸軍と北方艦隊陸上軍隊のお互いの作戦がスタートした。

彼らの目的は陸軍と北方艦隊陸上軍隊の師団を高い段階戦備に至らせるための成分を練習し、そして、彼らが固定軍事基地から指定した地点へ出発すること。そして、仮想敵の偵察、牽制運動グループの攻撃を反抗するための共同作戦である。防空をすること。また、

もし仮想敵が大量破壊兵器を応用したら、それに対しての行動などだと海軍の報道陣が述べられた。

9月の前半の時「コーカサス2016」という戦略的指揮参謀の練習をやっていて、それに一万二千人の軍人が参加された。演習は南軍管区の射撃場、そして黒海とカスピ海の水域で行っていた。演習中、ロシアの黒海境の近くに数多くの空中偵察が起きていたということが気づいた。

8月25日大統領と最高指揮官ウラジーミル・プーチンが武力の戦備を突然テックすることが指示された。それは南、西、中央軍管区、そして北方艦隊、ロシア宇宙軍、エアボーンの軍隊を行き渡らせた。

また、8月の終わりに北コーカサスと南ロシアの18射撃場で広くミサイルと大砲のロシア軍人の野営地の収集が行われた。それに一万一千人以上、そして2千2百以上の軍備個と技術装備が参加された。そんな活性化に対してジョージアに不満を現された。

8月の真中に中央軍管区に防空軍と軍事航空一緒に演習が行われた。ウラルと西シベリアで宿営した飛行連隊のMiG-31Su-24という航空機の乗組員が大騒ぎを起こした練習でペルミ地方へと移転させた。

その内、歴史で初めてエジプトで10月15〜26日までロシアとエジプトが一緒に「友情の弁護人−2016」という反テロの練習を行っている。それにエジプトとロシアの五百人以上のエアボーンが参加した。


f:id:blogks5:20161029013749j:plain