読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルビヤにあるロシアの大使館がロシア人の追放は投機にすぎないと言われていた。

f:id:blogks5:20161102055214p:plain

https://meduza.io/news/2016/10/28/v-posolstve-rf-v-serbii-nazvali-spekulyatsiyami-soobscheniya-o-deportatsii-rossiyan

 セルビアにあるロシアの大使館がロシア人の追放は投機にすぎないと言われていた。
ベオグラードにあるロシアの大使館はモンテネグロでテロ準備に関する容疑者としてのロシア人がセルビアから追放したことについて通知を受け取ったことはな い。「マスコミによるそのことに対しての投機について追加の情報を持っていない」とユーリー・ピチューギンというロシア外交団の報道官が「インテルファッ クス」というマスコミに言った。モンテネグロでテロ準備に関する容疑者としてのロシア人民のグループが国から追放されたと政府の源泉に基づいて 「Danas」というセルビアの出版に報道された。
以前にはテロを阻止したことについてセルビアとモンテネグロの政府に報知された。それらのデータによると10月16日、国会選挙の日はモンテネグロの首都で国会の建物が取り上げられて、暴動が起こされる予定だそうです。
テロ準備に関する容疑によってセルビヤの20人の人が逮捕された。アレクサンドル・ウティティというセルビアの首相に「外国人と一致させながら行動された」テロに関するいくつかのグループが見つけられたと報道された。
「コメルサント」という新聞によるとテロ準備に関する容疑者としてのロシア人の追放はニコライ・パトルシェフというロシア連邦安全保障会議の頭がセルビア へ行く土台の理由になったそうである。訪問中パトルシェフがセルビアの幹部みんなと閉じられた会を行ったそうである。正式的にはセルビアの政権がロシア人 を追放したことについてのマスコミによる情報を確認していないし、論破してもいないである。