読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マトヴィエンコさんが日本との平和条約を準備している。

f:id:blogks5:20161106070258j:plain

ロシア連邦院の議長が東京へ到着したことはロシア大統領の訪問を兆候する。

ロシアと日本は平和条約のテキストを準備している努力が平静にやっている。それについて安倍晋三首相に会ったあとワレンチナ・マトヴィエンコさんというロシア連邦院の議長が話された。

ロシア代表者の頭として彼女は東京にいる。彼女は安倍晋三首相と交渉中のときお互いの関係を進んでいることについて、そして、ロシア大統領ウラジーミル・プーチンが日本に訪問することに対して準備するについても検討していた。

日本外務省によると両面がお互いの関係に関して、大統領プーチンさんの訪問に準備することも含めてすべての局面に見解を取り交わしていた。それに、国会間の協力を活性化することも検討していたそうである。

「日本も、ロシアも平和条約をサインすることに関心を持っている。そのために副外務大臣の段階でもう一連の協議が行われいた」とマトヴィエンコさんが言った。

東京で記者会見のとき「ロシアは日本と経済的共同の活動に準備があるのですが、でもそれはモスクワの司法権のもとにできる」とロシア連邦院の議長が強調した。「千島列島で共同経済活動をすることに準備があるが、でもそういう共同経済活動はロシアの司法権のもとに、そしてロシアの法律の枠にしか行いません。」と彼女が強調した。

千島列島に対してロシアの主権が争う余地のない、疑いを入れぬことだとマトヴィエンコさんが指し示して、それは「国際法の証書によって作成された」のでロシアは渡せないと話に加えた。

欧州が実施された制裁によってロシアと日本の貿易経済協力が活気のない状態、そして世界中の経済的不安定に対して、ロシア連邦院の議長が心配を表していた。「経済的関係の容量が減ることは私たちの日本のパトーナーも、日本のビジネスも満足しないことは私たちが見ている」と彼女が言った。

この際、その傾向を変化して、そして、貿易経済協力の肯定的ダイナミクスを回復させる可能性があると指し示した。イタル・タス通信に挙げる彼女の言葉によると「日本の会社、投資家は、例えば、シベリアと極東の進歩に関するロシアの計画に重い貢献をすることができる。自動車産業、医薬品産業、ハイテクの分野、インフラストラクチャーなどで日本のビジネスと共同の案を実現することに関心を持っているそうである。」

10月31日から始まって、そして11月三日に終わる訪問の枠でマトヴィエンコさんが参議院の議長、公明党の山口那津男という党の議長、そして日本国家機関に関係しない「友好的な交流評議会」という団体の代表者にもう会っていた。

ロシア連邦院の議長の訪問は12月の真中に予定したロシア大統領ウラジーミル・プーチンの日本に正式的訪問を兆候する。9月のはじめにウラジオストクで東経済フォーラムの畑にロシアの大統領と日本の首相の交渉が行われたとき、それについての約束ができた。そのとき、プーチンさんに会うことは長門市(山口県)という首相の生まれたところで12月15日に成り立つと安倍さんが報道した。

https://utro.ru/articles/2016/11/01/1303051.shtml