日本との平和条約のテキストに対して行っている働きについてマトヴィエンコさんが話された。

f:id:blogks5:20161106201036j:plain

日本に千島列島を渡すという交渉はロシアが行っていない。そういう声明が東京で記者と話し合ったときワレンチナ・マトヴィエンコさんというロシア連邦院の議長に発表された。今ロシア連邦院の議長が日本に訪問している。

「二 つ、それとも全部の島々を渡すについてなんの交渉も行っていない。なぜかというとそのため根拠がない。千島列島に対してロシアの主権が争う余地のない、見 直すことと疑いを入れぬことだとマトヴィエンコさんが強調した。いろいろな投機のこと、いろんな解釈がどこから生じるのか分からない。 争う余地のない千島列島に対してロシアの主権が 国際法の証書によって作成されたそうである。」

政治家によると今の段階で両面も平和条約をサインすることに関心を持っているので、東京とモスクワの間で平和条約を準備するための政治的協議を行っている「平和条約というそんな重要な書類に対しての交渉ということは、それはいつもお互いに満足する解決と妥協を探さないいけないことである。現代の現実を考慮して、両面を満足する解決を見つける。交渉の本質はそれに成り立っている。

ロシア連邦院の議長の意見によるとロシアと日本には関係の歴史に新しいページを開く歴史的チャンスがあるそうである。「そういうチャンスを失わないように努力をし尽くさなければならない」とマトヴィエンコさんが結論した。

今ロシア側は千島列島で共同経済活動をやることに準備があるとロシア連邦院の議長が説明した。そういう活動が島々に対してロシアの主権から退却なしで、ロシアの司法権のもとに、そしてロシアの法律の枠にだけ行われることができる。

「そ の原則に基づいて日本のほうに提供を構成した。その提供の検討をし続いていくと自信を持つ。それにロシアも、日本も関心を持たなければならないと気がす る。私たちにはたくさんの新しい能力がある。ロシアの法律の枠でいろいろな形がある、例えば、発達に先んじる領土とか、特別の経済地帯など」とマトヴィエ ンコさんが強調した。

この際、モスクワは千島列島に限らない、日本と両面の協力は極東、シベリア、樺太まで展開して、それを検討することに準備である。「日本のビジネスからロシアとの協力に対して強い興味を感じている。そのためのプログラムとか、案などが用意されたので、それが今検討中で、それに日本のビジネスの興味が強いである。」とロシア連邦院の議長が報道された。

日本首相安倍晋三にソチで5月の訪問のときロシア大統領ウラジーミル・プーティン八項目からなっている戦略的方向の協力計画を出していただいたとワレンチナ・マトヴィエンコさんが思い出させた。

「今その計画に具体的案を入れるために経済機関が働 いている。ロシアは日本に58共同戦略投資案を提供した。それはロシアにとっても、日本にとっても利益を与えるはずである。そのようにどんどん展開してい くお互いに利益のある経済的協力は私たちの国の利益に当たっていると考えると彼女が言った。今ロシア大統領ウラジーミル・プーチンが日本に来るためにいろ いろな準備を行っている。その前いろんな分野を含んでいる新しく、一連の政府間の条約を開発している。ロシア大統領の訪問のときその中からある部分がもう サインしてしまうと期待している。」

ロシアと日本のリーダーが11月のときペルーでアジア太平洋経済協力の畑で会うはずである。そのとき訪問のスケジュールを確認して、適当な省と機関に新しい依頼を与えるとマトヴィエンコさんは話した。

「最高リーダーのレーベルで、政府間のレーベルで、 外務省の間でこんな集中的コンタクトはかはり遠い頃からなかったことである。それが起きているのはお互いに興味があって、肯定的訪問のスケジュールを作っ て、人道的援助を含めて、すべての分野で露日協力を展開しているということである」とロシア連邦院の議長に露日関係の状態に対して自分の評価を出していた だいた。

https://rg.ru/2016/11/01/matvienko-nikakih-peregovorov-o-peredache-ostrovov-iaponii-ne-idet.html