ウリュカエフ氏というロシア経済開発貿易省の大臣の逮捕

f:id:blogks5:20161121025013j:plain

ウリュカエフ氏というロシア経済開発貿易省の大臣の逮捕はイゴーリ・セーチン氏とメドヴェージェフ氏の氏族間の排他的コーポレーション紛争と関係している。

ロシアではお金が消耗していくので、国の経済状態は非常に辛いである。その理由で政府は政権の安定を支えるために大資産を民営にすることによって必要なお金をもらえてみるのである。

最近「ロスネフチ」というロシア石油会社が「バシネフチ」というロシアの国営石油会社を民営にした。でも、それは非常に異常な取引である。なぜかというと入札なしで行った取引からである。もう一つの異常なことは一つの国営石油会社は他の国営石油会社を民営にしていることである。それは民営の目的として受けられにくいことである。しかし、その取引はプーチン氏の密接な戦友であるイゴーリ・セーチン氏の勢力が強くして、彼の利益に当たっている。

もともと、メドヴェージェフ氏をはじめとする政府全体と経済ブロックが「ロスネフチ」が「バシネフチ」を民営にする取引に対して反対になった。メドヴェージェフ氏、ドヴォルコーヴィチ氏、そしてウリュカエフ氏が「ルクオイル」というロシア最大の石油会社が「バシネフチ」を民営にすることに進出した。なぜかというと「ロスネフチ」による「ルクオイル」の方が私有会社である。

ウリュカエフ氏自身が「ロスネフチ」に「バシネフチ」が買われることに反対になって、それについて夏の時はっきりと言われていた。その取引を結んでしまうために彼の是認が必要である。そして、彼にそれを圧力のため出してもらった。イゴーリ・セーチン氏の勢力が非常に強いので、彼は彼に利益のある取引をやらせていた。

今の段階で「ロスネフチ」自体が民営しないといけないことになったので、それを民営しようということで「ルクオイル」と「ロスネフチガス」の間でまた激しい闘争が生じてきた。「ロスネフチガス」という会社はセーチン氏がコントロールしている。だから、セーチン氏は「ルクオイル」に「ロスネフチ」が民営されることに反対である。なぜかというと、その場合は自分の勢力とコントロールを失ってしまうからである。メドヴェージェフ氏 をはじめするウリュカエフ氏が「ルクオイル」に「ロスネフチ」が民営されることを進んでいた。地方を訪問していた時コメントの中でプーチン氏にそういうバージョンが許していただいた。その起きたことは自分の利益を守るための古典的紛争である。

得ようというものは非常にただいので、もしセーチン氏の計画が結果を出したら、それによって彼のコントロールする資産ももっと大きくなるし、そして巨大の勢力も保つことに至らせる。でも、彼は経済ブロックの抵抗とぶつかった。なぜかというと、その場合、本質的に「ロスネフチ」が自分自身を買うことになるからである。

ウリュカエフ氏の逮捕は「ロスネフチ」を得ようというつもりでのその二つの氏族の間での闘争こそに関係している。最近の「ルクオイル」のアレクペロフという社長の息子さんが訴追を受けたこともそれと関係している。(でも、息子さんが自分でそういうことを許してしまった。)

ウリュカエフ氏は清らかな人ではない。もちろん、彼は重大な汚職人で、政治では25年間いる。ウリュカエフ氏のレベールの人が夜「ロスネフチ」のオフィスに来て、そしてセーチン氏に脅して、現金で2百万ドルをスーツケースでもらったという話に狂った人だけが信じれらる。なぜかというと、セーチン氏はプーチン氏の密接な戦友だし、非常に大きな勢力を持っている人からである。

ウリュカエフ氏はロシア連邦中央銀行の頭として働いていたので、安全な図式のやり方について鮮明に理解している。例えば、肯定的結論を出すことによって、会社の取締役会の中に入らせることとか。それに、ウリュカエフ氏は2百万のドルしかのため、そんなに冒険するまい。彼からみるとそれは少しのお金である。彼は一年で正式的百万ドル以上稼いでいる。正式ではない形でもっと多く稼いでいる。例えば、彼の80歳以上になったにかかわらずお父さんの名前にキプロスというオフショアで会社を登録している。

起きたことにはセーチン氏が普通使っているやりかたがはっきりと見られる。アレクセイ・ウリュカエフ氏に対して製作した刑事事件はオレグ・フェオクティストフ氏という以前FSBで将官として働いて、そしてちょうど2016年8月の時「ロスネフチ」に転勤して、あちらでその石油会社の保安機関の頭である。フェオクティストフ氏何回も刑事事件を製作していたと批判したことがある。そして彼はセーチン氏に身近の人である。彼は「セーチンの特殊部隊」という異名を取った。

もっと前2014年にウラジーミル・イェフトゥシェンコフという「バシネフチ」の持ち主が家逮捕のもとに送られて、そして2016年のはじめ「バシネフチ」から断ってから、無罪と認められて、控訴からも断ったので、自由になった。また、イゴーリ・セーチン氏とヴァストリキン氏が身近な人だという情報がある。そしてウリュカエフ氏の刑事事件によってヴァストリキン氏が自分の揺れている立場を固めて、セーチン氏の応援を受けたいと思っている。

プーチン氏の側近者の一人であるセーチン氏により、ウリュカエフ氏は逆にメドヴェージェフ氏の方が側近である

ウリュカエフ氏が家逮捕に送られた。それで、経済ブロックの活動と抵抗は難しくなる。ウリュカエフ氏のこれからの運命はメドヴェージェフ氏が「ロスネフチ」を得ようというつもりで自分の闘争をやめるかどうかによる。もし、やめたら、ウリュカエフ氏が無罪と認められること、または判決があまり激しくならない可能性が十分にある。