読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーチン氏が日本と千島列島に対しての交渉について話された。

f:id:blogks5:20161125044217j:plain

モスクワ、「インテルファクス」というマスコミ、11月21日: ウラジーミル・プーチン氏がロシアと日本の間で平和条約がないことは昔の残存物であり、国相互関係の展開にブレーキをかけさせると報道された。

「まだ解決しようという基本的問題について、つまり、平和条約を準備し、そしてサインすることについて前もってあまり言いたくない。ロシアにとっても、日本にとっても平和条約がないことは昔の時代錯誤であり、それは今私たちが前に進むことに、そして展開することに邪魔を与えることである」とアジア太平洋経済協力が終わったあと記者会見の時にロシアの大統領が言った。

プーチン氏によると「平和条約に至る道が簡単ではない」そうである。「千島列島にいたっては、私たちの立場がはっきりと分かると思う。それは第二次世界大戦の結果、現代において国際書類に確認されたロシアの主権領土だと私たちがされている」とプーチン氏が強調された。

論議的問題に対していろんな解決するバージョンがあると彼が話された。

「1956年にソビエト連邦と日本の間で適当な書類がサインされたのである。その中で日本に二つの島が返そうとしたのである。それはなんに基づくのかな、どの国の主権に残るのか、どの条件によって返されるのかについて何も言われていない」とプーチン氏が言った。

「四つの島について話されている日本側の立場について私たちが知っている。それはすべて私たちの交渉の対象である」と彼が加えた。

ロシアと日本が「平和条約を結ぶことが欲しいである。そして、それを得るために道を探している」と大統領が強調された。

ただいの共同な提案の実現とか、千島列島での経済的問題と人道的援助の問題を解決することなどが平和条約の基本になると思うとプーチン氏が言った。

「なんに基づいて約束することができるのかというと、それは相互の信用を高めることによって可能である。信用を高めることの中で一つのは協力を広げることである」と大統領が強調された。

彼によるとそのためこそ日本首相晋三安倍に自分の経済的とビジネスの関係を展開させるためのプログラムが提案されたそうである。「それについて言うのはまだ早いんだけど、でもそれは経済的問題と人道的援助の課題の解決である」とプーチン氏が加えた。

http://www.interfax.ru/world/537829