読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1905年ポーツマス平和条約の内容

平和条約

f:id:blogks5:20161203065951j:plain

ポーツマス平和条約の内容は15条からなっていて、そして二つの追加があった。平和条約はロシアと日本の皇帝、そして両国と国民の間で平和と友好を掲げていた。平和条約に沿ってロシアは韓国が日本のもとにある国として認めて、そして南満洲鉄道の部分、つまりその旅順口区から長春市までの距離、それから、旅順口区と大連市を含めて、遼東半島に対して借りる権利を日本に譲っていた。そして平和条約の12条に沿って日本海、オホーツク海、ベーリング海のロシア陸の縦に日本が漁労できるという条約を結ぶことにもロシアが賛成でした。平和条約によって南樺太(50度線から)とそれに近い島々も含めてロシアは日本に譲れたである。平和条約に沿って南満洲鉄道は両国も商業のためだけ使うことができた。また、平和条約によってお互いに捕虜になった人を交換すると約束したである。

平和条約の条件は日本よりロシアのほうにもっと近づいたので、日本でその平和条約は非常に不満の気持ちを招いた。ヨーロッパの国とアメリカが締結した平和条約に対して満足した。ドイツからの脅しによってフランスは第一次モロッコ事件を解決するためにロシアの応援をもらうようにした。イギリスが極東でロシアの立場が弱くなったので、その状態はドイツに反対するための同盟国として見られた。ドイツは1905年ロシアと秘密のヴィヨルグスキー条約を締結したので、ロシアを自分の目的に使おうと期待した。アメリカによるとその平和条約を締結したことによって極東ではこれからのロシアの展開を止まらせて、それと同時に日本に反しての国として残っているそうである。

1925年ソビエト連邦の政府は日露外交関係を作ったときポーツマス平和条約に対して「ソビエト連邦が政治的責任を背負っていない」という一つの保留条件つきでポーツマス平和条約を認めたである。

1945年9月二日第二次世界大戦で日本が開城したあとポーツマス平和条約が力を牛なてしまったである。