読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「プーチン氏にとっての凱旋」・「ロスネフチ」という石油会社の民営化は西欧にとって思いがけない出来事になった。

f:id:blogks5:20161208211611j:plain

ガーディアンによるとロシアの「ロスネフチ」という石油会社の19。5パーセントが民営化の取引についてのニュースが「市場にとって思いがけない出来事になった」そうである。今ロシアはアメリカと欧州連合の制裁のもとにあるので、その取引がロシア大統領にとって「恵み」になったと外国のマスコミが強調している。

Financial Timesによると制裁が西欧の会社がロシア石油メーカの株の販売の取引に参加できない状態に至らせるという推定がされたが、でも「ロスネフチ」に対して技術的と財政的制裁があるにかかわらずその取引が行われ尽くしたそうである。

水曜日、12月7日イゴーリ・セーチンという「ロスネフチ」の頭がロシア大石油会社の19・5%の株が百五億ユーロで民営化の取引が終われせてしまったロシア大統領ウラジーミル・プーチンに報告した。グレンコア( Glencore)会社とカタール主権基金会社が購買者と長期の投資家になったそうである。

 

https://news.rambler.ru/video/35524121/?utm_content=news&utm_medium=read_more&utm_source=copylink