「ロスネフチ」という石油会社の株の値段が6%までに高まってきた。

f:id:blogks5:20161209033333j:plain

モスクワ証券取引所で開かれたあと最初の10分間で「ロスネフチ」という石油会社の株の値段が6%以上まで高まってきた(一つ株が377・75ルーブルになった)。

その前イゴーリ・セーチンという「ロスネフチ」という石油会社の頭が会社の19・5%の民営化が終われせてしまったことについて報道した。グレンコア( Glencore)とカタール主権基金会社が購買者になった。取引の総額は百五億ユーロになった。

ロシア大統領ウラジーミル・プーチンは「ロスネフチ」という石油会社の民営化に対して、それは「2016年に世界中エネルギー市場で大取引になった」と言った。

クレムリンで大統領に会ったとき「グレンコア( Glencore)とカタール主権基金会社が作ったコンソーシアムは50%ずつ所有している「ロスネフチ」の株主になる」とイゴーリ・セーチンが話した。「グレンコア( Glencore)とカタール主権基金会社が来られたことは「コーポレーション手続きと会社の透明度をよくするし、最終的には時価総額を高まることに至らせるだろう」とプーチンが強調した。

https://tvrain.ru/news/aktsii_rosnefti-422868/