読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平和条約に対してロシアと日本の立場が一致しているとラブロフが指摘した。

平和条約

f:id:blogks5:20161210012132j:plain

セルゲイ・ラブロフ外務省首脳が日本との平和条約を締結することにそんなに期待しすぎないほうがいいと頼んだが、それと同時に一連の一致している意見もあると強調した。それについてロシアの大臣が岸田・文雄日本同僚に会ってから報道した。

「一番大切な一致のところは私たちの首脳がロシアと日本に利益を与えて、双方国世論が受け取れて、双方納得できる解決を見つけようというはっきりした目指すことにあると政治家が指摘した。

ラブロフによるとそれは「ずっと綿密な働き」を要求している。それに、そのテーマに対してマスコミの情的衝突、またはすぐ進歩するという期待しすぎることは双方交流の進みにならないそうである。

記者会見中セルゲイ・ラブロフは環太平洋地域でアメリカにミサイル防衛が置かれる脅しに対してモスクワが注目したと話した。

その前ロシアの外交機関でモスクワでお二人の交渉が最高レベルの会議の前にそのための準備の最後の段階になると報道したである。

https://rg.ru/2016/12/03/lavrov-otmetil-sovpadenie-pozicij-rf-i-iaponii-v-voprose-mirnogo-dogovora.html