ロシアは採油を減らすつもりだ。

f:id:blogks5:20161211063155j:plain

石油輸出国機構(OPEC)に入っていないロシア、カザフスタン、そして他の石油輸出国が採油を下げると約束した。彼らは今より毎日六十万以下バレルが採油されなければならない。そして、その中から半分がロシアを背負うつもりである。

採油の量を減らすことについて石油輸出国機構(OPEC)と条約が締結された。8年間の間で2016年11月の終わりに、初めてその機構のメンバーが石油の値段を上がらせるために採油を減らすことについて約束した。彼らは皆んなで毎日百二十万以下バレルを採油することになった。

その条約を締結してから、アレクサンドル・ノヴァクロシアエネルギー大臣がロシアも毎日三十万以下バレルを採油するつもりだと発表した。

2016年11月ロシアは毎日千一百万バレルを採油していた。11月の終わりくらいのときブレント原油の値段は17パーセントに上がって、そして2015年5月から初めて一バレルが55ドルになってきた。今石油は54ドルあたりになっている。

https://meduza.io/news/2016/12/10/rossiya-sokratit-dobychu-nefti