読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年の取引。「ロスネフチ」という石油会社の民営化に対してどんな質問が残っているのか。

f:id:blogks5:20161211091507j:plain

「ロスネフチ」という石油会社の株の19.5パーセントの販売が終わらせようとしている。もしそうではなかったら、イゴーリ・セーチンがウラジーミル・プーチンの前に報告するまいと思う。「ロスネフチ」の頭がそのニュースを伝えることにくっきり急ぎすぎたとしても、反面において、グレンコア( Glencore)会社のサイトでそれについて載せてある情報を見たら分かる通りまだ取引が終わっていないである。

でも、実はセーチンが急ぐ原因があった。なぜかというとロシアにとってはその取引がイメージ的にも、財政的にも非常に重要であった。もしそれが実現したら、ロシアの民営化の歴史では大民営化の取引になる。ついに、その前多くの共鳴したことがあった。それは「バシネフチ」というロシアの国営石油会社の劇的になった販売からはじめ、ウリュカエフロシア経済開発貿易省大臣の逮捕までである。

勝ち負けについて言うために、急いだあまり準備している「ロスネフチ」の民営化に知らないところがまだ多くあるが、でも今すぐ判断できるのは次のことである。

制裁を通り抜けたこと

ウラジーミル・プーチンにとって西欧に制裁を通り抜けたことを展示するのは非常に重要であった。もしアメリカとヨーロッパが自分の会社にロシアとビジネスすることは禁止されたら、その反面、現代世界においてはその禁止、制限を付したことを無視することができる「本当に狂暴な人」が見つかるのである。

https://republic.ru/posts/77231?utm_source=slon.ru&utm_medium=internal&utm_campaign=follow-up