日本にウラジーミル・プーチンの訪問は安倍・晋三の出身地を滞在することから始まる予定です。

f:id:blogks5:20161215171203j:plain

今皆んなの注目は安倍・晋三首相のご招待によってウラジーミル・プーチンの日本に二日間訪問に対して集中している。今回基本的なテーマとして経済的協力、大ビジネスフォーラム、契約のサインなどを期待している。もちろん、ジャーナリストなら、外交政策のテーマについて、そして日露平和条約を締結するかについて発表を待っている。それについてウラジーミル・プーチンも日本訪問の前に話した。訪問の初日は長門市で非公式状態で行われるはずである。

最初の交渉は長門市で行って、そして明日ロシア大統領が東京に到着する。あちらでは交渉の参加者を 大ビジネスフォーラムが待っている。

日本にもう数百人のロシアのビジネスマンが到着した。ビジネスフォーラム結果として日本首相安倍・晋三が提供した8項目の協力計画を実現するために条約と契約のセットをサインする予定である。その各項目に対して具体的契約を準備している。それはエネルギー分野、町の成長、例えば、安倍がウラジオストクの再建などを提供していただいた。そして農業、医療も含んでいる。