読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二日間訪問のことでプーチンが日本に到着した。

政治

f:id:blogks5:20161215203812j:plain

12月15日イタル・タス通信(ロシア)ロシア大統領ウラジーミル・プーチンが二日間訪問のことで日本に来た。ロシアリーダーの飛行機は山口県の宇部空港に着陸して、そしてそこから安倍首相との交渉のため長門市へ出発した。最高レーベル会議所として日本政府首脳の出身地で「おたに・さんそう」というホテルが選ばれた。

長門市での交渉は三つ部分からなっている。最初の会議に双方から数人代表者しか参加しない。そして、プーチンと安倍が通訳だけが出席する環境でお二人で話し合うつもりである。最後、両国交流を担当している大臣も参加するパーティーが催される。

2日目の日、12月16日プーチンと安倍が東京で共同のイベントに参加するつもりである。

クレムリによると長門市と東京で経済貿易交流を固めるための対処に大注意を向けるそうである。

ロシア大統領副ユーリ・ウシャクフによるとその方向に集中的働きにとっていい土台としては5月のときソチで日本首相が8項目からなっている提供した協力計画を使って、そして、それに対してロシアは58協力プログラムのリストを出したそうである。

その結果、11月のとき90プロゼクトからなっている総合リストと共同計画を是認したそうである。

東京で交渉が終わったあと、リーダーが出席しているうちに10ぐらい双方の書類がサインすると期待しているそうである。そして、12〜15くらいの重要なビジネス契約、それと同時に50ビジネス上ほかの書類もサインするそうである。

しかるに、もっとも大切なのは領土問題であって、双方平和条約締結のテーマである。

https://news.mail.ru/politics/28140219/?frommail=1