読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーチンと安倍はストップした接触を復興させると約束した。

政治

f:id:blogks5:20161215223520j:plain

モスクワ、12月15日、RIAノーボシチ。ドミトリー・ペスコフ大統領報道官によるとウラジーミル・プーチンロシア大統領と安倍・晋三首相は長門市交渉で双方話し合いを活性化すると約束した。そして、世界中であるいろいろ重要な問題を検討したそうである。

外務省首脳セルゲイ・ラヴロフによるとロシアと日本のリーダーが軍隊協力に関するストップした接触の復興が必要であると認められた。特に、「2+2」という会議の復興について交渉であった。それには両国の外務省大臣、防衛大臣、参謀本部長が参加している会議そうである。

今リーダーがお二人で平和条約に対しての準備について話し合っているそうである。

双方はシリアとウクライナの状態を調整することについて意見を交わした。大臣によるとその問題に対してモスクワと東京の立場が一致しているそうである。ロシア大統領は2014年9月5日のミンスク条約を実現していることについて自分の意見を安倍に詳しく述べた。

それはお二人リーダーの16回の会議になっても、それに対してマスコミの注意はとても興味深かっていることは双方交流がずいぶん進んでいったとも言えるでしょう。

長門市交渉のもう一つのテーマとしては太平洋地方であるアメリカの出席とミサイル防衛の話があった。ロシアの評価によると朝鮮民主主義人民共和国から脅しに比べたらあまり強くないそうである。

日本にウラジーミル・プーチンの訪問は木曜日から始まった。金曜日東京で交渉の続きで、そのとき共同書類がサインするはずである。

https://ria.ru/politics/20161215/1483683779.html