読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーチンが日本との平和条約が必要であることについて話した。

平和条約

f:id:blogks5:20161217095454j:plain

東京、12月16日RIAノーボスチ。ウラジーミル・プーチンロシア大統領と安倍・晋三日本首相の交渉が友好な環境で行われていた。記者会見のときロシアのリーダーが日本を訪問していた印象について話した。そして、東京との平和条約を締結すること、またシリアでの戦争がやめる必要についても話した。

日本に対しての魅力

プーチンと安倍がジャーナリストの前に仲良くなったお友達として出てきた。それは当然のことだと見えた。なぜかというとそれは16回の会談になったからである。そして、それは両国の関係が進んだこととしても見られるが、なぜかというと、ロシアのリーダーの訪問は2014年からあとにして、なかなか起きなかった。

記者会見のはじまりはとても非形式になって、リーダーがお互いの間でお名前で話しかけた。

「もう一度言いたいんですけど、いらっしゃいませプーチンロシア大統領、ウラジーミル、今回のあなたの訪問に対して心から喜んでいる」とはじめに安倍がプーチンにごあいさつした。

「2013年ロシアに行ったことがあるんですが、そのあと集中的交渉を行っていて、いよいよ日本に会うことができた。今回の訪問を実現するために3年間が必要になったと日本首相が指摘した。

それからプーチンも安倍に対して友好的に話しかけた。「それは素晴らしいところでした。出身地にお誘いくださったことに感謝いたします」とロシア大統領が言った。

「とても綺麗で、特に今日ですね。朝雪が降り出して、大変仙境ですね。そして、その地方住民の歓迎に感謝したいと思います。それは本当に感じました」とロシアのリーダーが自分の印象を話した。

私たちをあいさつするために一人の住民が秋田犬を連れてきたですね。「それはとても楽しかった。もし彼女が今の話を聞いていただいたら、注意したいことがある。外見的にその犬がおもちゃとして見えるが、実はとても厳しい犬で、尊敬を持って接しなければならい」と彼が言った。

日本人に優待していただいて、訪問のはじめ、温泉の有名である長門でその楽しい遊びをやらせてみて、伝統的ご馳走によっても驚かすようにした。

「私は唯一の温泉に触れることができた。それは「東美人」という長門つくりのお酒で、お勧めするが、でも量には注意しないといけない」とにこにこしてプーチンが言った。

 

平和条約と千島列島

優待雰囲気は真剣なテーマを検討することに恵ませていた。両国のリーダーが平和条約問題に対して時間を十分に使った。安倍によるとその問題の解決についてまだ早くて、複雑な道が待っている。それと同時に、平和条約を締結することは日本の誠実な抱負であり、でも70年間続いている問題なので、それを解決するために1〜2回の会談は不十分だそうである。

「今回私の出身地である山口県でその問題を詳しく検討して、夜の23:30まで、5時間ずっと検討した。あるとき会談中95分間二人だけで率直に話し合った。私たちお互いを理解できたと思う」と安倍が話した。

千島列島の問題が土台で、長期の調整が必要であるとプーチンも確認した。

「その領土に対して歴史的ピンポンをやめなければならないと私たちは思う。最終的に、ロシアと日本の基本的利益は長期の完全調整を求めることを理解しなければならない」と記者会見のときプーチンが言った。

それ以外、プーチンが千島列島でロシアと日本の共同経済活動は平和条約を締結するためにいい環境を作らせることになると見る。

ロシアと日本との平和条約を締結することは経済貿易問題の上に置かないといけないし、そして、ロシアは東京とアメリカの関係から何を期待しないといけないことを理解しなければならないとプーチンが指摘した。

「日本とアメリカの間で「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」によっての義務、そして特別の性質の関係を見ながら、どういうふうに私たちの交流が作られるのか分からない。そのすべての微妙な点、そしてロシア側の心配を日本の同僚と友達が考慮したいと思う」とプーチンが言った。

https://ria.ru/politics/20161216/1483790112.html