読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今までに日本人にとって千島列島のしまった地域は開くつもりである。

f:id:blogks5:20161217192917j:plain

ウラジーミル・プーチンによると千島列島で行う予定の共同経済活動はこれから平和条約対話のためにいい環境を作ることに至らせるそうである。

モスクワ、12月16日インテルファクス通信。千島列島の日本人の元出身があちらに自由に通うようになるために必要なことをやると日本首相安倍・晋三と約束したとロシア大統領ウラジーミル・プーチンが報道した。

「首相氏が昨日直接話し合ったときその問題に特別な注意を払っていただいて、千島列島に通っていて、ロシア人と非形式に接したいという住民のお手紙を手渡していただいた」と記者会見のときプーチンが言った。

「今までに千島列島のしまった地域に自由に入ることができるように必要なことをやると約束した」とロシア国家の首脳が続けた。

千島列島にある日本人の親戚のお墓を訪問できるために手続きを単純化するようにロシアと日本の外務省がそれを検討することを安倍と一緒に任せたと大統領が発表した。

北海道とサハリン州の住民のために国境を相互に自由な通い方の制度を作ることを提供したとプーチンが指摘した。

平和条約

日本との平和条約がないことは時代錯誤の事物とロシア大統領が言った。彼によると千島列島での共同経済活動はこれからの平和条約会談続きに対して良い雰囲気を作らせるそうである。

「皆んなが知っているとおり平和条約のことはもう70年間の間で検討している。一気にそれを解決することができると思うことは無邪気な考え。でも、ロシアと日本の長期の利益に当たる両国の国民が納得できる解決方を探すことはもちろん必要である」とプーチンが発表した。

「その問題を解決するために、そして、日露交流コンプレックスの全面的発達のためにお互いの信頼を固める綿密な働きが必要である」とロシア国家の首脳が言った。

その文脈に従って安倍と一緒に千島列島で共同経済活動を組織する提案を支えたとロシア大統領が加えた。

https://news.mail.ru/politics/28153342/?frommail=1