読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロシアと日本は線路を作ることについて検討している。

f:id:blogks5:20161218034108j:plain

モスクワ、12月17日RIAノーボスチ。アレクセイ・ジデノフロシア連邦運輸省副大臣がロシアと日本の間で線路を作ることは今検討中と報道した。

「日本とのつなぎ合わせることは今検討中で、サハリンに関して二つのバージョンがある。それはトンネルと橋、そしてサハリンと日本のつなぎ合せ方はまだ評価を受けている。また、技術プロゼクトもない」と土曜日にジデノフが報道した。

今年の2月のときオレグ・ベロジョロフロシア鉄道大臣がサハリンと北海道の間で線路を作ることはロシアと日本の双方協力のために興味のあるプロゼクトであって、荷動きの量毎年3千三百万トンになって、ヨーロッパからの供給の期間二倍に減ると発表した。

https://ria.ru/economy/20161217/1483880335.html