プーチンが千島列島に対しての「歴史的ピンポン」をやめることを提供した。

f:id:blogks5:20161219045019j:plain

モスクワと東京は両国の間で平和条約を締結する可能性について検討した。

ロシアと日本は平和条約を作って、締結するためにはじめの一歩をやった。ウラジーミル・プーチン大統領と安倍・晋三首相が南千島列島で共同経済活動会談のはじめについてステートメントを調和させた。そして、日本人の元出身者がその領土を訪問するための手続きが単純化するようにと依頼を任せた。それ以外、訪問の結果多くの政府間と商業書類がサインされた。

今両国は平和条約締結の途中だけにある。ロシアリーダーは北海道とサハリン州の間で自由の通い方を定めることを提供した。プーチンが来る前に安倍がソ連との条約にそって日本に移らせた南千島列島の元出身者に会った。その人たちが平和条約を締結して、彼らに千島列島を訪問する可能性が生じると期待していると日本首相が話した。彼らはロシア大統領にお手紙まで渡した。

四つの南千島列島の島々がロシア人の海員に発見された。そのあとプチャーチン海軍将官がロシア天皇のご賛成で平和条約を締結するためにそれを日本に引き渡した。そして、日露戦争のあとで東京はサハリンの半分もを受け取った。第二次世界大戦の結果、その領土はソ連の中に入った。

私は南千島列島の元出身者の胸を打たれるお手紙を読んだ。私たちからみるとその領土に対しての歴史的ピンポンをやめなければならないと思う。最終的に、日本とロシアの基本的利益は長期の完全な調整を必要とすることを理解しないといけないとウラジーミル・プーチンが言った。

いわゆる北方領土に対して東京の立場が変化したじゃないかと日本のジャーナリストが安倍に質問を出した。首相は日本が相変わらず元の立場にあって、択捉島、色丹島、歯舞群島、国後島を追求し続けていると首相が言った。

戦争が終わったあと70年間の間で日本とロシアは平和条約なしで過ごしていたので、その状態はこれからも続いていることができるとウラジーミル・プーチンが言った。でも、平和条約を締結したら両国の国民と経済にとってよいことになるしかにほかならないとロシアのリーダーが自分の自信を発言した。

もし首相氏の提案を実現したら、その島々充分に、ロシアと日本の間での不和の種になるではなくて、逆にロシアと日本を連合することになると東京で最後の記者会見のときプーチンが報道した。

もし首相の提案のほうに正しい歩き方をやったら、それは島々で共同経済活動のために特別な機関を作ること、両国の間で政府間条約を結ぶこと、相互作用のやりかたをうまくやるようにすること、それで、その土台によって平和条約の最終的問題解決の条件を形成することができるようになるとロシア大統領が強調した。

千島列島

両国のリーダーは南千島列島で共同経済活動を行う可能性を審査する依頼を任せたばかりなのに、もうその初めの相互作用のプロゼクトや分野が生じてくる。ヴェロニカ・スクヴォルツォワロシア連邦保健大臣がロシアが日本の医療サービスを作る経験と遠隔医療に対して興味を持っているとイズベスチヤに言った。そして、その専門家交換も計画を立てる。極東のある地方に共同医療機器生産を開く予定である。

オレグ・コジェミャコサハリン州知事が、サハリン州の中に千島列島も入っているけれど、日本の経験と技術がどの分野に必要になるかは数え上げた:漁業、海飼育場、リサイクル、都会インフラストラクチャーである。そして、島々に日本の建築会社も誘う可能性があると頭が言った。

アレクサンドル・ガルシカ極東開発大臣が投資家のため極東地方にあるすべての免除は日本のパートナーに与えるとイズベスチヤに説明した。

協力の文化部分についてウラジーミル・メジンスキー文化大臣が話した。彼によるとボリショイ劇場とマリインスキー劇場は客演するために日本の県に来る予定である。そして、来年日本ではロシア映画を見せるようになるそうである。

休み

訪問のはじめの日は温泉の有名である安倍の出身地、山口県でロシアと日本のリーダーが話し合った。会談が午後11:35時終わったので、ウラジーミル・プーチンが温泉に休むことは間に合わなかった。

「私は唯一の温泉に触れることができた。それは「東美人」という長門つくりのお酒で、お勧めするが、でも量には注意しないといけない」とジャーナリストにロシア大統領が言った。

ロシアリーダーの訪問が安倍と一緒に「講道館」という格闘技センターを訪ねてから終えられた。

http://izvestia.ru/news/652289?utm_source=smi2