読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トルトネフがどうして「千島列島」先んじた成長領土のプロゼクトを止めらせたかについて話した。

経済

f:id:blogks5:20161220234232j:plain

モスクワ、12月20日、RIAノーボスチ。千島列島で共同経済活動に対して日本とロシア首脳が得られた約束が違反されないように「千島列島」先んじた成長領土を作ることは止めらせたとユーリ・トルトネフ副首相、極東連邦管区での大統領全権委員がジャーナリストに報道した。

12月15〜16日ウラジーミル・プーチンロシア大統領と安倍・晋三日本首相が長門と東京で会談を行っていた。また、「日露ビジネス会談」というフォーラムに参加した。南千島列島で共同経済活動に対しての交渉が始まったこと、そして、両国経済協力拡大の予定について発表された。

「ロシアの領土では共同経済活動に対しての提案は国リーダーのレベルで可決するしかできない。当然、私たちは自分からの提案を準備する。私たちは「千島列島」先んじた成長領土のプロゼクトを止めらせたと言える。さもないと、それはこちらにもう実施された」とトルトネフが言った。

火曜日に(12月20日)極東とバイカル地方に先んじた成長領土を作るための投資プロゼクト実現問題について政府小委員会の会議が予定されたと彼が指摘した。

「でも、私たちはそれを止めらせた。なぜかというと両国リーダー会談に干渉するのは正しくなくて、非倫理ことになると思われる。可決される約束システムに入るようにする。

そのやりかたからみると、こちらでは同じような、リアルに試していたもう15先んじた成長領土があります。新しい企業が建設されているし、人も働いているし、インフラストラクチャーも作っている。つまり、それは理論的レベルではなくて、実際に試したことである」とトルトネフが加えた。

https://ria.ru/economy/20161220/1484111725.html