プーチンが本当の意味でメルケルを好きじゃないである。

f:id:blogks5:20161225064251j:plain

プーチンが本当の意味でメルケルを好きじゃないである。彼が失敗したたくさんのことに対して、それは彼女のせいでだと思っている。それは特にゲアハルド・シュレーダー首相との関係がとてもいい関係になったことを酌量して、例えば、彼らは一緒にヴァニャ(ロシアの蒸し風呂)に行ったし、お互いに「お前」とか話しかけたし。。。プーチンがアメリカの選挙システムに対して信用を失墜させるためにアメリカの選挙に干渉して、そしてそれを勝ちた。それで、メルケルがまた首相にならないように、彼は最大限に干渉しようということに対してはびっくりしない。

2017年にドイツ連邦議会選挙の前にロシアは洗礼のない情報戦を展開するとヤクブ・ヤンダ「ヨーロッパの価値」というテェコ分析的センターの副社長、ヨーロッパでロシアプロパガンダに権威のある専門家が自分の自信を現した。ドイツのビルト(新聞)にインタビューをしたときロシアからドイツとアンゲラ・メルケル何を待たないといけない、そしてプーチン大統領が彼女の再選を許すなうようにやってみると自分の意見を現した。

「私が待っている通りロシアから二種類の攻撃を待たないといけないと彼が報道した。第一のはTelecom会社がぶつかったような普通のサイバー戦争である。その目的は害を与えて、ドイツの国民に政府が彼らを保護できないような感じを作ることである。第二のはロシアの侵略に対して反対になっている人に対して目的のはっきりした攻撃、特にアンゲラ・メルケルのほうにである。

だから、ドイツキリスト教民主同盟政治家と彼らの親戚の個人メールにハッカーの攻撃を待ったほうがいい。

ヤンダによるとそれと同時に個人生活は泥に顔を塗るために偽造のニュースを広げるはずである。大切な課題はメルケルが戦争を起こしている人、そして、ドイツの利益ではなくて、アメリカの利益を進んでいる政治家のイメージに見せることになったそうである。

「メルケル首相に対する規模の大きい虚報を期待していると専門家が続けた。彼女の正統性をいろんなレベルで壊してみるようにする。例えば、移民の波のせいで、ドイツに起きているすべての悪いことはメルケル自身の失敗だと呈示する。結果的に、彼女の政策に基づいて最悪の脚本が作られる。また、その運動の追求する目的はメルケルがあまり正直な人ではないということである。そして、彼女が信頼できない人だというふうに社会に確信させる」

「それ以外、もう来年の春のときトルコと欧州連合の間で難民に対しての条約をやぶるためにロシアが活発な動きをやっていると思う。それによってプロパガンダ運動に新しい難民が生じてきて、問題を作る」とドイツのビルト(新聞)がヤンダの言葉を伝えた。