読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツでは移民を住みつかれる割当量は増えている。

f:id:blogks5:20170101014841j:plain

守護を得るためにドイツに入ってきた難民の大半がドイツに残ることができる権利をもらった。7月から9月まで BAMFという人間移動に対して活動している連邦機関が四人の中から三人に難民という立場を与えられたと南ドイツ新聞が報道した。

それゆえに、今年の3半期目に難民の地位を与える割前は今までに一番最大限になってきた。書類に基づく難民の地位はシリアとエリトリアからほとんどの移民が受け取っていた。

それから、政権からモロッコ人とアルジェリア人中で各11人が、彼らに祖国で危険性を脅かしているという正式的書類を受け取った。外国人登録データによるとドイツで全部で9月の終わりに不確定地位を持っている移民が七十八万八千人になっていた。その中から五万四千人が一度も逃げ場を得るために申請書を出さなかった。

逃げ場を得るために申請書を出さないでドイツに移民はだいたい8月間滞在することができるそうである。出した場合はそのあともう半年ぐらい政権の決定を待たないといけない。2014〜2015年に難民地位を出すことに断った十三万五千移民の中から9月の終わりに5万人がドイツに残り続いていると南ドイツ新聞が加えた。