読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロシアと日本が一緒に千島列島を展開させることができるのかな。

北方領土

f:id:blogks5:20170113233054j:plain

モスクワと東京は千島列島での共同経済活動が平和条約を締結することに至らせると主張している。それにはちょっと疑問があるけど、しかし、ウラジーミル・プーチンと安倍・晋三が自分の掛引課題を解決することができる。

サミットの前に2013年から安倍・晋三首相が招待していただいたのに、でもウラジーミル・プーチンが大統領として11年間の間で日本に訪問したことがなかったので、双方も会談によっての期待が少しでも弱くするようにした。

70年間以上続いている領土問題は一気に解決することは不可能だとサミットの前に安倍がジャーナリストに言った。同じようにユーリ・ウシャコフ大統領補佐官が言っていた。そして、ウラジーミル・プーチン自身も日本のマスコミにインタビューをしたとき平和条約を締結することに対しての問題について詳解的に話した。サミットのときその問題に対して進むことは期待しないほうがいいだそうである。

山ほどの覚書

結局、さすがに領土問題に対して真剣に進んだことがなかったし、プーチンも安倍も自分の発表でそのテーマに対してできる限り慎重に言うようにした。しかし、双方も領土問題が進まなかったとしても経済協力においては進みすぎていることによってそれを補償したことを見せるようにした。

訪問中で書類が68枚もサインした。その中から56枚書類は会社間での契約で、大半は相互理解についての覚書であるが、しかしそれはびっくりするはずがない。

ソチに5月の会談で安倍が八ほう向けの経済協力のプログラムを提供したので、具体的提案を作るためにビジネスマンと役人には半年ぐらいの時間があった。
もちろん、国家リーダーなしでも、双方の完璧なビジネス根拠を持っているプロゼクトはもうサインして、実現中である。それ以外のすべてのプロゼクトはそうと前から検討して、商業的意見の相違または冒険の高い理由でなかなか進んでいない、それとも近いうちに生じてきた新しいアイディアなので、しっかりした約定になるまでにまだ計算しないといけないである。

その背景にちょうど領土問題に関する約束がニュースになった。第一のは南千島列島の元出身が祖先のお墓を訪ねやすくする決定である。第二のはもっと重要であり、モスクワと東京は南千島列島で共同経済活動をし始めることになって、お人のリーダーがそれに対してのステートメントまでもうサインした。

共同経済活動は一緒で、主権は別々である。

南千島列島の共同経済開発についてのアイディアをロシアが多年提供していたが、しかし日本が伝統的に断っていた。

なぜかというと、正式的東京にとってはそれはモスクワが占領した「北方領土」なので、あちらで日本会社に投資をするご許可が領土問題に対してロシアの主権を間接に認めるわけになるからである。

要するに、その相違は以前の日本の態度に基づいている。最初領土問題を解決して、つまり、四つの島々が日本に還付して、平和条約を締結してから、経済協力に移る。
技術レベルでの質問は誰の法律が投資家の活動を調整するのか:日本の法律か、ロシアの法律か。将来の投資家はどの国の予算に支払うか。

安倍首相がそういう交渉態度を変わっていた。今ロシアと経済交流を作ることは古くなった問題を解決させると東京で考えている。南千島列島で共同経済活動を始めることにしたのはその態度の結果である。その問題の敏感さを考慮して、12月16日サインした5項目からなっているステートメントはとても慎重で、両義である。

リーダーは「南千島列島でロシアと日本の共同経済活動についての会談の始まりが平和条約を締結するための重要な一歩になるという相互理解に至らせた」。
最初の頃その経済活動は「漁業、栽培漁業、観光、治療とエコロジー」を触れる。そして、役員が具体的プロゼクトを選定したあとだけ具体的税法制度を検討し始めるつもりである。共同経済活動は島々の所属に対する原理上の立場から後退するわけではないとモスクワと東京が固定された。

もし専門家にもう経済協力の法の機構が検討されなかったらプーチンと安倍がそんな敏感のテーマにステートメントをサインするまいと思う。

ステートメントの中で今後の共同経済活動を調整する特別の国際条約を締結することについて言及している。そして、プーチン大統領も記者会見のとき「東京がプロゼクトを経営するために特別な構造を作ることを提供している」と言った。

南千島列島で日本投資者にとって具体的税法制度はユーリ・トルトネフ副首相が極東で作っている先んじている成長領土のためとの同じような税法制度になるだろうと思う。また、それはウラジオストク自由港法からのアイディアも含むはずである。

ビザなしでロシアに入るとか、多年にわたる税なしの期間とか、多くのお許可必要の手続きが簡単にするまたは廃止することなどは日本ビジネスマンにロシア役員との接することは最低限にならせる。

まとめば?


将来共同経済活動は領土問題を解決することに役に立つとお二人のリーダーが多く話していたが、でもそのテーマに対して具体的確認質問の答えにきちんと避けるようにした。

もちろん、共同漁業は島々に対しての主権とか、領土分割とか、アメリカが色丹島と歯舞群島で軍事基地を配置するなどという千島列島問題を解決できないぐらいするすべての問題と関係ないである。それにしても、もし共同経済活動条約を締結できたら、それは安倍にとっても、プーチンにとってもいいことになるはずである。

安倍にとっては主権問題に譲ることはなかったとしても、南千島列島で日本会社が働くだけで、もう少しでも勝ちになった。最後の世論によるとますますの日本人が東京が最初二つの島を受け取って、まだそれ以外何も要求しないようにという方向に変更しているそうである。

今の段階で千島列島によって日本人がもう経済利益を得ていると政府が説明できる。例えば、ビザなしで訪問できるとか。だから、四つの島々に対して形式的主権を得ることにあまり急がなくても、利益ははっきりしている。

エリートに対しては経済協力は少しでも島々に定着させる。それと同時に他の条約も含めて、ロシアが中国の依存から脱却することに手伝ってもらうというメッセージになるそうである。ウラジーミル・プーチンも何の冒険も持っていない。ロシアは主権をもっているし、日本の投資者は(税を持ってこなくても)付加の仕事場を作るし、中国の友達も極東での主要パートナー立場が日本人のほうに行こうとすることを見て元気づくことになる。
http://www.rbc.ru/newspaper/2016/12/19/5853ff579a79477105dd58e2