読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本研究家:千島列島に関する会談のときプーチンと安倍の間で困らせることが生じる可能性がある。

北方領土

f:id:blogks5:20170123021824j:plain

ロシア科学アカデミーの極東研究所の日本研究センターの首長ヴァレリー・キスタノフによると南千島列島で共同経済活動を行うための特別な地帯を作ることに対してロシアと日本の間での交渉に困らせることが生じた可能性がある。

日本にロシアリーダーの訪問のときプーチンと安倍がその領土で共同経済活動を行うと約束した。それはどの条件に基づいて行われるかについて簡明に表した考えを作ることを専門家に彼らは指示を与えた。

実はそのことに双方の立場が基本的に分かれている。ウラジーミル・プーチンの補佐官ユーリ・ウシャコフが日本にいたときそれはロシア法律に基づいて行わなければならないと言った。

もうプーチンとの会談のあと「共同経済活動を行うために特別なルールを作らなければならない」と安倍が何回も言っていた。

今そういう点はロシアと日本がぶつかった邪魔になった。9月にウラジオストクで次回の東経済フォーラムのとき安倍がロシアを訪問する。それは安倍が直接プーチンに約束したそうである。

2017年に安倍・晋三日本首相がロシアに二回ぐらい訪問するはずである。でも、その前菅・義偉日本政府総長によると安倍が近いうちにロシアへ行くつもりについて情報があったとしても、今までに訪問日付は決まっていないそうである。

https://www.gazeta.ru/politics/news/2017/01/12/n_9553967.shtml