読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストリアで逮捕されたテェテェン人が「犯罪行為をやっている人の間での争いに参加した難民」であった。

f:id:blogks5:20170207052823j:plain

ヴォルフガング・ソボトカ内務省大臣によると2月3日ヴィーンで逮捕されたテェテェン出身の22人の中から16人が難民の立場を得た。他の4人は自分の申し込みが検討されることを待っていて、二人を断れたそうである。

また、ソボトカによるとオーストリアの警察がその人たちは二つの犯罪行為をやっているグループの間での争いに参加した人たちであるという情報をもらったそうである。

「私たちの国で犯罪者が逃げ場を受け取らないようにやり尽くさなければならないと思う。私たちの歓待を悪用して、住民に対して危険を及ぼさせることは人に許してはいけない」と大臣が言った。

ヴィーンでテェテェンの22人の出身を逮捕されたことについて2月4日に知るようになった。APA (Austria Press Agency)によるとそこで住んでいる住民が 疑わしい人のグループについて警察に伝えて、そしてあちらに来た警察にテェテェンの出身が結婚式をお祝いするために集まったと言ったそうである。

https://meduza.io/news/2017/02/05/zaderzhannye-v-avstrii-chechentsy-okazalis-bezhentsami-uchastvovavshimi-v-kriminalnyh-razborkah