読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マスコミによるとやっとエイズに対して薬が生じてきたそうであるが、それはほんとうなのか。

f:id:blogks5:20170509183603p:plain

1。どうしたの?

科学者が「エイズに対して新しいワクチン」を成功に試したというマスコミのニュースが出てきた。

2。それはほんとうなのか。

あまりそうではないよね。そのようなタイトルは迷妄にさせてしまう。なぜかというと、私たちはワクチンなら、それを人がまえもって飲んで、それによって感染を避けることになるという思い込みに慣れてしまったが、でも今の場合は治療ワクチン、つまり人がもう病気になってしまったあと使っている製剤について話されているのである。

もう病気になっている数人の人が普通のワクチン治療から断って、その際剤によってエイズウイルスを超えることができたとオーストリアで行った会議で科学者が話された。

 

3。もっと詳しく言ってもらえないでしょうか。

はい。研究に15人が参加してもらった(実は人数はもっとたくさんでしたが、でも最後まで至らなかった人もいた)。みんながワクチン療法を受けた。最初は免疫システムがウイルスを持っている細胞を見つけさせて、それを攻撃させる際剤を注射された。

それから彼らに癌病気に対して使っている際剤も入れた。それによって細胞にある活性化のないウイルスを追わせることに手伝うと思われた。実は今知られている薬によって活性化のないウイルスと戦うのは無理ので、それを活性化する必要である。

結果、10人の人に血液の中でウイルスの数が増えて、彼らは普通のワクチン療法に戻った。でも、5人の人にウイルスがまったく出てこなくて、または少ないレーベルで生じてきた。その状態でもうかなり長く、つまり7〜30週間患者がいる。


4。だから、その人のエイズ病気を治してもらったということでしょうか。

いいえ、それは言えない。以前と同じように血液の中でときどきウイルスを見つけられているが、でもそれは危険なプロセスに至らせるレーベルまで到達しない。それには、どのくらい長くその患者にワクチン療法が必要になくなるか誰も知らない。エイズ感染がまた戻るかもしれない。


5。でも、やっぱりエイズと闘争することに大きな成功について言えるでしょう?

はい、そうです。これまでエイズを持っている人の中で長い間で薬なしで済まして、それに彼らの血液の中でウイルスを見つけることができなかった単一な例が知られた。エイズを持ちながら、薬を飲んでいなかった女性に女の子が生まれたとき、その子供に侵略的なワクチン療法を与えられた。

そのあと両親がその子供に薬を出さなくなって、2年間してもお医者さんが血液の中でウイルスを見つけなかった。でも、残念なことに4歳になってからエイズは生じてしまった。

免疫の働きを主に決定する造血幹細胞移植は二人の患者に手伝ってもらったが、でもあまり長くなかった:12〜32週間ぐらいでした。ワクチン療法が数週間しか成功を与えなかった。

いわゆるTimothy Rei Brownというドイツのベルリンの患者ですが、彼は実際に長い間で血液の中でウイルスを見つけられていない唯一の人である。彼は二回造血幹細胞移植を受けられた。彼のドナーとして遺伝学的にエイズを受けられない人になったので、彼はワクチン療法から断ることができたかもじりません。それは2007〜2008年に起きたことですが、そのころからBrownさんが薬を飲んでいない。


6。今後はどうなるか。

そういうふうにエイズから治った患者の健康に何かの突然の余病があるかないか、そして、結局その病気がまた戻ることにならないのかということを科学者が分かる必要がある。それに、もっと規模的研究を行わなければならないし、それによってどうしてワクチンが患者の少ない部分だけに効果を与えられたかという質問に答えをもらうかもしりません。

https://meduza.io/cards/smi-pishut-chto-nakonets-to-poyavilos-lekarstvo-ot-vich-eto-pravda